いじめ問題と不登校~二本松講演会報告

  3月26日は福島県二本松市の「フリースクール青い空」主催の「音楽と子育てのつどい」にお邪魔してきました。
  原発避難者へのいじめという深刻な問題が各地で起きており、今回は「いじめ問題と不登校」についてお話させていただきました。いろんな行事が重なる年度末の日曜日にもかかわらず、40名以上の方が熱心に参加されました。
  前半は地元のコカリナ愛好グループの演奏で、暖かな音色に癒されました。会の代表の天野ご夫妻は、アカシヤ会の会員を続けてくださっていて、そんなつながりのありがたさも実感した次第です。
  講演で私は、いじめに対する対処の原則は「危ないところに近づかない=学校を休む」ことであり、いじめ問題は子どもの世界の話ではなく、大人社会の歪みの反映であることを申し上げました。
  また、教育機会確保法の付帯決議四で「いじめから身を守るために一定期間学校を休むことを認める」ことが明記され、
昨年9月の「不登校児童生徒への支援の在り方について(通知)」28文科初第770号でも、「2 学校等の取り組みの充実」においても「7.いじめられている児童生徒の緊急避難としての欠席が弾力的に認められてもよく、そのような場合に は、その後の学習に支障がないよう配慮が求められること」と明記されていることをご紹介しました。
  しかし、学校現場にはまだまだ浸透していないようですので、これから繰り返し情報発信していかなければと考えております。
  早いもので、明日から新年度のスタート、最近は東北地方の皆さんと交流する機会が増え、4月23日は気仙沼市、5月20日は青森市で講演会が開催されます。あらためてこのブログでもご紹介しますので、お近くのお知り合いにご案内いただければ幸いです。新年度もお付き合いのほど、よろしくお願いいたします(*^。^*)


スポンサーサイト

いじめにどう対処したらよいか(「カナリアたちの警鐘」紹介⑥)

 第4章は「いじめ・体罰にどう対処したらよいか」で、いじめについては次の事項を記載しています。 
1 わが家のいじめ体験
(1)長女の体験から   (2)次女の体験から
2 いじめへの対処の鉄則
3 いじめ自殺裁判の教訓
(1)小川中学校事件   (2)知覧町いじめ自殺事件
4 長女夫妻への取材記事より

 わが家の体験と多くのいじめをめぐる悲惨な事件の教訓を一言で述べるならば、「危ないところへへ行かない」→
「不登校も大切な選択肢」ということです。
 今回は「いじめ自殺裁判」を少し詳しく取り上げました。損害賠償の判決で、原告(被害者側)が不登校をせずに通学したこと、保護者がいやがる子どもを学校に行かせたことが原告の「過失」とされ、過失相殺が適用されているのです。
このような重大な判決が、「いじめ対策」の中であまり取り上げられないのは、「不都合な真実」を隠したいからなのでしょうか?

体罰に反対する取り組みの紹介

 大阪で発覚した深刻な体罰問題は、教育関係者はもちろんのこと、子どもに関わる者全にとって大きな課題と思いますので、日本スクールソーシャルワーク協会からのお知らせをご紹介します。3月23日(土)には、反体罰東京緊急集会「ならぬことはならぬのです」を日本社会事業大学で開催するとのことです。このような動きが広がっていくことを願っています。
【反体罰NPO・研究者連絡会設立趣意書(案)】
大阪市立の高校の運動部顧問による体罰が原因とされる高校生の自殺が社会に大きな衝撃を与えています。
体罰問題は、我が国学校教育に潜在し続ける大きな子どもの人権問題であることはご存じの通りであります。
今後、この問題を端に発した様々な報道や、教育改革論議が行われることは論を待ちません。
この機会に、「反体罰」を表明する民間・市民活動団体、研究者が連絡会を設け、
今後の子どもの人権問題の解決、権利保障の方策に関して社会的な発信をしていきたいと考えております。
・体罰に関する見解
1、 体罰は、子どもに対し身体的、かつ社会的に優位な立場にある大人の愚劣な行為である。
2、 体罰は、子どもの人権を著しく侵害する違法行為(学校教育法第11条)である。
3、 体罰は、子どもの生命に危険を及ぼし、子どもの成長・発達に重大な悪影響を与える。
4、 体罰は、子ども同士の人間関係に深刻なゆがみを生じさせ、いじめの構造を生む。
5、 体罰の容認は、力による弱者支配の肯定であり、断固認めない。
6、 体罰については国連子どもの権利委員会からも総括所見(勧告)で是正措置をとるよう、
   日本政府にくり返し勧告が出ているにもかかわらず、有効な措置が講じられていない。
・連絡会の運動方針
1、 学校教育法第11条の徹底を学校現場に働き掛け、改悪の動きがあればこれに反対する。
2、 学校、家庭、児童福祉施設、司法領域など他領域にわたり暴力行為から子どもを救済するために、
  公的第三者権利擁護機関(オンブズパーソン)の設置を働き掛ける。
3、 国に対して、子どもの権利条約に準拠し、子どもの権利基本法の制定を提言する。
2013年1月21日 時点での呼びかけ団体・研究者
呼びかけ団体(五十音順)                
 (非)チャイルドライン支援センター、(非)日本スクールソーシャルワーク協会
呼びかけ人研究者(五十音順)              
伊藤 嘉余子(大阪府立大学)、井上 仁(日本大学)、内田宏明(日本社会事業大学)、
金澤ますみ(大阪人間科学大学)、住友 剛(京都精華大学)、田村真広(日本社会事業大学)
この件に関する連絡先
内田 kodomopost@jcsw.ac.jp

28日・29日といじめ問題の集いが続きます

 9月と思えぬ残暑お見舞い申し上げます。「いじめから命を守る緊急集会」につきまして過日紹介いたしましたが、前日の28日、芹沢俊介さん講演会も開催されます。不登校・ひきこもりやいじめ、少年事件などについて鋭い発言を続ける芹沢さんは、これまでにも「アカシヤ会」講演会などで何度も函館でお話しいただいておりますが、まさに時宜にかなった集いになると思います。29日の「緊急集会」と合せて、関心をお持ちの方にご紹介いただければ幸いです。
(転送歓迎)
【ストップ!「いじめ」!!今、何ができるのか!】
□日 時:2012年9月28日(金)18時~20時
□会 場:サン・リフレ函館2階大会議室(函館市大森町)
□参加費:無料
□第1部 18時~18時30分
   函館市東富岡町会「いじめをなくす決意の日」のとりくみ報告
     東富岡町会広報部長 高石勇光さん
□第2部 18時40分~20時
   講演会「『いじめ』が終わるとき」 社会評論家 芹沢俊介さん
     「家族という意思」(岩波新書) 「若者はなぜ殺すのか」(小学館新書)
     「『いじめ』が終わるとき」(彩流社)など著書多数
□主 催:北海道教職員組合函館支部
□共 催:チャイルドラインはこだて

【いじめから命を守る緊急集会】
□日 時:9月29日(土)13時~16時
□会 場:函館市総合福祉センター「あいよる」4階会議室
□テーマ:「いじめ問題にどう対処すべきか」
□内容概略 ・講演「学校ができること、なすべきこと~子どもの人権を守るために」
       講師:北海道教育大学教授 大坂 治 氏
         東京教育大学大学院修士課程、筑波大学大学大学院博士課程単位取得退学
         平成5年より現職、「教育の制度と社会」「比較教育制度」「教育改革のダイナミズ          ム」「子どもの人権」 などを担当                       
     ・講演「親ができること、なすべきこと~わが子のいじめ・不登校体験から」 講師:野村俊幸
         ・参加者による意見交換
□参加費(資料代):300円
□主 催:函館圏フリースクール「すまいる」(代表:庄司証 090-9522-1841)
    函館・登校拒否と教育を考える親の会「アカシヤ会」
□共 催:函館心理士会 
□後援 函館市教育委員会 北海道教育庁渡島教育局  函館弁護士会子どもの権利と法教育委員会
   (財)北海道国際交流センター(はこだて若者サポートステーション)
    北海道社会福祉士会道南地区支部   北海道精神保健福祉士協会道南ブロック
    北海道子どもの虐待防止協会道南支部    南北海道教育臨床研究会
    子どもの権利ネットワーク南北海道  不登校相談情報センター南北海道
    道南ひきこもり家族交流会「あさがお」  「昴の会」~不登校をともに考える会

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR