5月の不登校・ひきこもり関連行事のお知らせ

  函館地域の2017年5月の不登校・ひきこもり関連行事は下記のとおりですので、関心をお持ちお方にご案内いただければ幸いです。

◆「ふぉろーず」勉強会 <毎月第1日曜日に開催しますが、5月はお休みです>
 □思春期以降に自閉症スペクトラム障害(高機能自閉症・アスペルガー障害・その他の広汎性発達障 害)の診断を受けた方及びその可能性のある方の家族による勉強会
 □次回は6月4日(日)13時30分~15時30分
 □函館市総合福祉センター「あいよる」3階第2会議室(若松町33-6)
 □参加費:無料    □連絡先:野村(090-6261-6984)

◆ひきこもり当事者の集い「樹陽のたより」例会 <毎月第2日曜日に開催>
 □日時:5月14日(日)11時~13時、函館市総合保健センター2階第2健康指導室階(五稜郭町23-1)
 □参加費:無料    □連絡先:野村(090-6261-6984)
 
◆道南ひきこもり家族交流会「あさがお」例会 <毎月第2日曜日に開催>
 □日時:5月14日(日)14時~16時 
 □場所:函館市総合保健センター2階会議室(五稜郭町23-1) □資料代:200円(会員は無料)
 □連絡先:野村(090-6261-6984)  

◆登校拒否と教育を考える函館アカシヤ会 <毎月第3日曜日に開催>
□日時:5月21日(日)13時30分~16時  
□場所:函館市総合福祉センター「あいよる」3階第1会議室(若松町33-6)
□資料代:200円(会員は無料)     □連絡先:野村(090-6261-6984)  

◆「昴の会」~不登校をともに考える会 総会&新年会<12月以外第4日曜日に開催>
 □日時:5月28日(日)14時~16時  
 □場所:北斗市七重浜住民センター「れいんぼ~」3階研修室(いさりび鉄道七重浜駅に隣接)
 □資料代:300円(会員は無料)     □連絡先:内藤(090-4879-4142)   

◆函館圏フリースクール すまいる http://hakodate-smile.jimdo.com/
 □フリースペース(小中高校年代の子どもの居場所)、学習支援(メンタルフレンド、基礎学習、総合  学習、高卒認定取得等、学年・年齢を問わず一人ひとりのニーズに応じて対応、訪問も可)、「すま  いる笑会」(概ね16~35歳の若者のフリースペース)を実施、詳しくはすまいる事務所(月~木曜  10時~15時、函館市大手町9-13、☎070-4156-3195)へお問い合わせください。
 □家族・関係者を対象にした個別面接相談は毎週月曜日13時~15時に実施します(要予約)。
 □代表:庄司メール akashi.shoji@gmail.com  相談担当:野村(090-6261-6984)

◆ふりーすぺーすヨリドコロ (函館市の委託を受けて実施しており、利用対象は函館市民)
 □わかもの(18~39歳)の自由な空間。働いている方も、働いていない方も、家以外の場所でのん  びりしたくなったら、だれかと話したくなったら、お気軽においでください。無料です。
 □日時・場所:毎週水・金の13時~15時、函館市元町14-1・北海道国際交流センター(HIF)
       4階ラウンジ お問合せは☎0138-22-0770 HIF・ヨリドコロ担当者へ
スポンサーサイト

若者のフリースペース「すまいる笑会」がスタートします

 「函館圏フリースクールすまいる」の2017年度事業をお知らせしますので、関心をお持ちの方にご紹介いただければ幸いです。
今年度は新たに、若者のフリースペース「すまいる笑会」を5月9日から開始いたします。
□フリースペース
  小中高校生年代の子どもの居場所、不登校のお子さんはもちろんですが、学校に行きにくくなっているお子さんや、通学して
いるけど気分転換に利用したいというお子さんもご利用ください。月~木の10時~15時(祝日除く)、年会費1万円で何回      でも利用可。面談後5回まで1日千円で体験利用できます。
□学習支援
  メンタルフレンド、基礎学力の定着から総合的な学習、高卒認定取得など一人ひとりのニーズに応えます。 月~金の10時~1  7時(要相談)、年会費1万円(フリスペ利用無料)で、基本利用料月5千円+1回60分2500円、訪問もできます。
□すまいる笑会(しょうかい)
  概ね16~35歳の若者のフリースペースで、毎週火曜・木曜(祝日等休み)の14:30~18:00に開催し5月9日にオープンし   ます。賛助会費(年間)千円と1回千円で、初回は無料で体験できます。(担当:越智)
□個別面接相談
  家族や関係者等):月曜日13時~15時(祝日を除く)、要予約、無料。(担当:野村)
【連絡先】 住所:函館市大手町9-13 電話:070-4156-3195
       庄司代表メールakashi.shoji@gmail.com 野村携帯(090-6261-6984)

2016年度の相談状況がまとまりましいた

   函館圏フリースクールすまいるの2016年度(2016年4月~2017年3月)の相談状況がまとまりましたので、ご紹介します。。
□相談件数は338件
□対象者の年代は中学生が最多で33%、18歳以上が25%、高校生年代が17%、小学生が16%、対象者を特定できないもの  (フリースクールや家族会情報、支援方法や連携等についての問合せ等)が9%。
□対象者の性別は、男性が63%、女性が37%。特に、18歳以上年齢では「ひきこもり」に関わる内容が多く、男性の割合が高   い。
□相談者は、最多が母親で45%、これに対して父親は7%にとどまる。本人からが17%、祖父母・きょうだい等の親族が5%、教  員からも8%で、相談機関等支援関係者や知人等の「その他」が18%を占める。
□相談者の居住地は、道南が60%を占め、道南以外の道内が9%、道外が31%。道南以外の地域からはメールや電話の他、   相談担当の野村が講演会等で出かけた際、相談会を持つことも多いので、その件数も含まれる。
□支援内容は、函館地域の不登校・ひきこもり関係団体への参加・利用が24%(うち「すまいる」の学習支援利用が17件、フリー  スペース利用が15件)、専門的相談機関や他地域の関係団体の紹介・斡旋が20%、資料・情報提供が56%となっている。

4月の不登校・ひきこもり関連行事のお知らせ

道南地域における2017年4月の不登校・ひきこもり関連行事につきまして、関心をお持ちの方にご紹介いただければ幸いです。

◆「ふぉろーず」勉強会 <概ね第1日曜日に開催>
 □思春期以降に自閉症スペクトラム障害(高機能自閉症・アスペルガー障害・その他の広汎性発達障害)の
  診断を受けた方及びその可能性のある方の家族による勉強会
 □日時:4月2日(日)13時30分~15時30分
 □函館市総合福祉センター「あいよる」3階第2会議室(若松町33-6)
 □参加費:無料    □連絡先:野村(090-6261-6984)

◆ひきこもり当事者の集い「樹陽のたより」例会 <概ね第2日曜日に開催>
 □日時:4月9日(日)11時~13時、函館市総合保健センター2階第2健康指導室階(五稜郭町23-1)
 □参加費:無料    □連絡先:野村(090-6261-6984)
 
◆道南ひきこもり家族交流会「あさがお」例会 <概ね第2日曜日に開催>
 □日時:4月9日(日)14時~16時 
 □場所:函館市総合保健センター2階会議室(五稜郭町23-1) □資料代:200円(会員は無料)
 □連絡先:函館渡辺病院医療福祉科(0138-59-4198)  野村(090-6261-6984)
◆登校拒否と教育を考える函館アカシヤ会 <概ね第3日曜日に開催>
□日時:4月16日(日)13時30分~16時  
□場所:函館市総合福祉センター「あいよる」4階会議室(若松町33-6)
□資料代:200円(会員は無料)     □連絡先:野村(090-6261-6984)

◆「昴の会」~不登校をともに考える会 総会&新年会 <概ね第4日曜日に開催>
 □日時:4月23日(日)14時~16時  
 □場所:北斗市七重浜住民センター「れいんぼ~」3階研修室(いさりび鉄道七重浜駅に隣接)
 □資料代:300円(会員は無料)     □連絡先:内藤(090-4879-4142)   

◆函館圏フリースクール すまいる http://hakodate-smile.jimdo.com/
 □フリースペース(不登校の子どもの居場所)は月~木の10時~15時、フリースクール(学習支援、  
  訪問サポートも含む)は小学生から高校生年代を対象に個別・時間制で希望に応じ実施します。  
  個別相談は毎週月曜日13時~15時、主に家族・関係者を対象に実施します(要予約)。
 □連絡先(事務所):函館市大手町9-13 ?(月~木10時~15時)070-4156-3195
      代表・庄司メール:akashi.shoji@gmail.com  または野村(090-6261-6984)

◆ふりーすぺーすヨリドコロ (函館市の委託を受けて実施しており、利用対象は函館市民)
 □わかもの(18~39歳)の自由な空間。働いている方も、働いていない方も、家以外の場所でのんびりしたくなったら、
  だれかと話したくなったら、お気軽においでください。無料です。
 □日時・場所:毎週水・金の13時~15時、函館市元町14-1・北海道国際交流センター(HIF)
       4階ラウンジ お問合せは?0138-22-0770 HIF・ヨリドコロ担当者へ

函館アカシヤ会3月会報より②:小樽親の会・鈴木さんの寄稿②

  函館の会に参加するようになって、一番の驚きは毎月の例会に必ず新しい親たちが参加してくることだ。子どもの場合、小児科医やスクールカウンセラー、学校から親の会の案内されたり、スクールカウンセラーと共に親が参加する例もあった。成人したひきこもりや就労困難な場合、就労支援機関や相談機関、精神科クリニック、また職場の関係者から教えられて参加した等々。
  これはひきこもりや不登校に困った人たちが、函館地域にある情報網やネットワークにキャッチされて利用したことになる。情報網やネットワークがあっても機能しない地域も多くある中で、官も民も連携して函館地域全域にネットワークが張られ、機能している証拠だと思う。長く親の会やっているが、こんな街はどこにもないと断言できる。ここまで行き届いているのだから大いに活用すべきだと思う。
  会を構成している人たちが、会を絶やさず例会を開いてきた情熱と、休みなく続けてくることは奇跡に近い努力だと思う。今までの経験から、例会に休まず参加する親御さんの方が子どもに変化が起きやすく改善される率は高い。
プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR