スクールソーシャルワーク関係講演会

スクールソーシャルワークに関連した講演会や研修会が下記のとおり開催されますので
関心をお持ちの方や関係者の皆さんにご紹介いただければ幸いです。
なお、札幌講演会のチラシ(申込用紙付き)をご希望の場合は、個人アドレスに添付ファイルで
お送りしますので、お手数ですがメールをお願いいたします。

【スクールソーシャルワークに注目を!】 
学校の中でさまざまな困難に直面している子どもたちを、彼らの側に立って
社会福祉援助の手法を用いて支えるスクールソーシャルワーク
が重視されており、
平成20年度から文部科学省も制度化に着手しました。
北海道での取り組みはまだ十分ではありませんが、この分野の第一人者である
山下英三郎さんの講演会が函館と札幌で連続して開催されますので、是非ご参加ください。
山下さんは1946年長崎市に生まれで、1985年にユタ大学ソーシャルワーク大学院を卒業後、
1986年から1998年まで埼玉県所沢市でわが国初のスクールソーシャルワークの実践に尽力され、
現在は日本スクールソーシャルワーク協会会長、日本社会事業大学教授を務めています。

6月12日(土)14時~16時 
 会場:サンリフレ函館2階大会議室(函館市大森町)
 *テーマ  「子どもの現状~受けとめ手としての大人」
 *主 催  函館・登校拒否と教育を考える親の会「アカシヤ会」(2010年「アカシヤ会」講演会)
         チャイルドラインはこだて(2010年第2回公開講座)
 *後 援  北海道渡島教育局、函館市教育委員会、南北海道教育臨床研究会
         道南社会福祉士会、北海道精神保健福祉士会道南ブロック
 *参加費 500円 (事前申込み不要)
 *連絡先 アカシヤ会:野村(090-6261-6984) tnomura@sea.ncv.ne.jp
        チャイルドライン:小林(0138-40-0084) 泉澤(0138-54-7037)
 
□6月13日(日)13時15分~16時
 会場:かでる2・7 520研修室(札幌市中央区北2西7)

 *テーマ「子どもたちの可能性を信じて~スクールソーシャルワークの実践から」 *主催  社団法人北海道社会福祉士会
 *後援  北海道教育委員会、札幌市教育委員会、北海道社会福祉協議会
        札幌市社会福祉協議会など18団体(学術団体、支援活動団体など)
 *プログラム 13:15~13:20 主催者挨拶
        13:20~14:50 山下英三郎さん講演会
        14:50~15:00 休憩
        15:00~15:10 北海道教育委員会からの報告 
        15:10~15:55 質疑応答
        15:55~16:00 閉会挨拶 
 *参加費  一般:1000円  社会福祉士会会員・学生:500円
 *受講定員  100名(申込み締め切り:6月7日)
 *申込み   北海道社会福祉士会事務局
            TEL:011-717-6886  FAX:011-717-6887
            E-mail info@hokkaido-csw.org
スポンサーサイト

テーマ : 教育問題について考える
ジャンル : 学校・教育

子どもと親のすれ違い

 イニシャルTさん、コメントありがとうございます。全くそのとおりですね。親は子どものことを理解している
つもりでも、自分の子どもに対する希望などのバイアスがかかってしまい、本当のところをよく分かっていないことが多いと思います。
 親は子どもからいろいろ聞かれると、つい答えを出そうとしますが、先日のひきこもり家族交流会でも当事者の青年たちから、「親に答えを求めているというより、『今自分はこんな状態で、こんなことを考えているんだ』ということを知ってもらいたくて問いかけており、そんな自分を認めてほしいという担保を求めているのではないか」といった発言がありました。答えを出そうとすると、本人がそうなった理由を詮索しがちになります。あるご家族は、お子さんが当会顧問の精神科医の先生に受診した際、先生から「『どうして』という質問ではなく、『辛かったね』と声をかけてもらい、子どもの気持ちがほぐれていった」というお話をされていました。
 Tさん、また是非コメントをお寄せください(*^_^*)

テーマ : 子育て・教育
ジャンル : 学校・教育

5月例会のご案内

函館地域での不登校・ひきこもり関連団体の5月例会等をお知らせします。

ひきこもり当事者の集い「樹陽のたより」お花見 ・日 時:5月5日(日)午前10時~
 ・集合場所:五稜郭タワーアトリウム、集合後五稜郭公園でお花見
 ・お弁当、飲み物は各自資持参
 ・障害者就業生活支援センター「すてっぷ」との共催
 ・連絡先:野村(090-6261-6984)
 
ひきこもり当事者の集い「樹陽の便り ・日 時:5月9日(日)午前11時~午後1時
 ・場 所:北海道国際交流センター(函館市元町14-1)
 ・参加費:無料、「若者サポートステーション」の見学と意見交換
 ・連絡先:野村(090-6261-6984)

道南ひきこもり家族交流会「あさがお」例会 ・日 時:5月9日(日)午後2時~午後4時
 ・場 所:函館市総合保健センター(中央図書館向かい)
 ・資料代:200円
 ・今月は発達障害者支援センター「あおいそら」の高橋実花医師が相談に応じます。
 ・連絡先:函館渡辺病院医療福祉科(0138-59-4198)

函館・登校拒否と教育を考える親の会「アカシヤ会」
 ・日 時:5月16日(日)午後2時分~午後4時分
 ・場 所:函館市総合福祉センター「あいよる」1階会議室(若松町33-6)
 ・資料代:200円
 ・連絡先:野村(090-6261-6984)

◆「昴の会~不登校をともに考える会」
 ・日 時:5月23日(日)午後2時分~午後4時
       (午後4時~希望者による個別相談)
 ・場 所:北斗市七重浜住民センター「れいんぼ~」小ホール(JR七重浜駅前)
 ・川崎(090-9438-0825)

テーマ : 子育て・教育
ジャンル : 学校・教育

悲惨な事件に思う…

 愛知県豊川市で長男が一家5人を殺傷するという悲惨な事件が発生しました。最近は北海道北見市でも、息子が「働け」と言われて(新聞報道ではそのように書かれていました)両親を殺傷した事件も発生しており、いずれも
「ひきこもり」状態にあったと言われるます。このことで「ひきこもり」に悩む多くの当事者や家族が一層不安にかられ、ご本人の状態や家族関係が深刻な事態になるのでは心配です。
 マスコミ報道だけから軽々に判断することはできませんが、「ひきこもり」状態の人に対する周囲の関わり方に、何らかの齟齬があった可能性も考えられます。
 先日、当地のひきこもり家族交流会の例会が開催され、なかなか就労に至らない「ひきこもり」の子どもに対してどう関わったらよいか話題になりました。これは毎回必ず出されるテーマです。参加せれていたサポーターの精神科医の先生が、「仕事に就かなければという気持ちは分かるけど、今はそもそも仕事がないのが当たり前の時代。仕事がないのは自分のせいだけではないんだから、あんまり仕事、仕事とこだわらずに、『仕事はあったらめっけもの』くらいに考えて、まずは『生きていて、なんぼか良かった』と本人も周りも思えるように、肩の力をぬきませんか」というお話をされました。ナルホド!と合点がいき、私はとても気持ちが軽くなって、風がとても強かったのに、帰路の自転車のペタルが軽く感じられました。
 いかなる理由があれ、人を殺傷することは許されませんし、被害者となったご家族には心からお見舞い申し上げます。また、これらにご家族が自分たちの抱える悩みや苦しみを語り合えるような場に出会っていたのかどうか、とても気になっています。そして、「ひきこもり」に対する誤解や偏見が広がらないことを祈るばかりです。

テーマ : 子育て・教育
ジャンル : 学校・教育

名言集・その2

 現在は毎月の例会が「アカシヤ会」、ひきこもり交流会の「あさがお(家族)」と「樹陽の便り(当事者)」、不登校をともに考える会・昴の会」と4つありますので、とてもたくさんのためになる話をうかうことができます。
 年度替わりの時期は、とくに不登校のお子さん・家族にとっては辛い時期です。この前にのアカシヤ会でも、こんな話題が出されました。

*今の状態をそのまま認めなければと思うが、つい「辛いことを乗り越えないと、この後生きていくのがたいへんで はないか」と<span style="color:#0000ff">条件をつけたくなる気持も起きるので、そうならないよう心がけている。
*子どもが「学校へ行きたい」という様子を見せることがあるが、そのときどうしてあげるのがいいか迷う。
*通信性高校のスクーリングで週1回札幌に通っている。それ以外は自宅で終日パジャマ姿でゲームという日 が多 いが、「今はそれで精一杯なんだろうから、焦りは禁物」と言い聞かせている。
*普通高校を中退し通信制高校に転校、小いころから「よくできる子」と見られて、本人も「期待に応えなけれ   ば」と頑張り「疲れてしまった」と話している。今は出来ることからやっていけば良いと考えるようにしている
*中学2年の子どもが夏休み明けから不登校に。親は必死に行かせようとしゲームを取り上げたりもしたが間 違 いだったことに気づき、子どもに謝ったら、子どもはだんだん元気になってきた

 そんなときに「こうすれば上手くいく」というマニュアルはありませんので、まずは「家族が腹を据える」ことから出発したいと思いますし、その手がかりとなる<名言>がたくさん出ました。
*子どもに「無理して学校に行くことはない」と言い切ったときの快感は、「人生の快感ベストスリー」のひとつ。
*子どもが中退、学校に「体調不良で休む」という電話をかける必要がないという解放感で楽になった
*子どもが「ともかく生きていてくれれば良い」と思うようになったら、こちらの気が楽になった
今の学校で、子どもに「頑張れ」というのが辛い。どんな意味があるのか疑問だ(現職教員の方)。
息子は高校に進学していないが心の優しい子で、家事をしてくれる。息子の気持ちを大切にしたい
*子どもには「頑張れ」ではなく「たいへんだね」と声をかけるようにしたい

テーマ : 子育て・教育
ジャンル : 学校・教育

多様な教育を推進するためのネットワーク

 このほど「多様な教育を推進するためのネットワーク」が設立されました。
 「変えよう日本の教育~教育に競争はいらない」(平凡社)の著者・古山明男さんが代表を務め、発足したばかりですが、メーリングリストでも活発な意見交換が行われ教育改革に関連する新しい情報も入ってきます。会のコンセプトの一部を紹介しますと
多様な教育とは?
『子どもたちは一人ひとり成長の仕方も学び方もちがうのですから、教育も一つではなく多様であっていいのではないでしょうか。「みんな同じ」が平等ではないはずです。(中略)子どもたちの多様なニーズに応じたいろいろな学校・教育機関があり、自分が受けたい 教育を自分で(保護者と一緒に)選べる、自分たちでつくることもできる。国や自治体はそうした学校・教育機関を援助し、社会全体で子どもたちの育ちに責任を持つ。そのような個々人の持つ学習権や「教育への権利」をきちんと保障する社会が今、求められています。』
活動の柱
① 今ある多様な教育の現場や動きを支援しつつ、多様な教育の実践者とそれを求める人々がつながれるネットワー  クをつくっていく。
② そうした実践例の紹介などを通じて多様な教育の必要性を訴えかけながら、運動の輪を広げ、理解・賛同者を増  やしていく。
③ 教育の多様化のための具体的な方法や仕組みを研究し、国や自治体などに提言・提案して、その実現を働きかけ  る。

・年会費:正会員3000円、賛助会員1000円
・事務局:〒160-0022 東京都新宿区新宿1-29-5-902
      (特)子どもNPO・子ども劇場全国センター気付
      E-mail altedunet@gmail.com

教育問題や子ども・若者たちの抱える様々な課題に関心をお持ちの皆さまにはきっとお役にたつと思い、紹介させていただきました。
公式HPを準備中で、「YAHOO JAPAN」の検索で「多様な教育の推進をめざすネットワーク」を入力すると、すぐ出てきます。 

テーマ : 教育問題について考える
ジャンル : 学校・教育

「昴の会」1周年の集いも無事終了

 3月28日、北斗市に誕生した「昴の会~不登校をともに考える会」の1周年の集いが開催され、約40名が参加しました。チャイルドラインはこだて代表で、「アカシヤ会」を立ち上げ16年間代表を務めてきた小林恵美子さんが「子どもの力を信じて」というテーマで講演しました。小林さんは現職の養護教諭でもあり、学校における子どもたちのSOSと向き合ってきた体験から、まず子どもの辛い状態を丸ごと受けとめ、子どもの可能性を信じて、こちら側の枠にはめるのではなく、いろんな生き方があることを大人自身がしっかり理解し、子どもと寄り添うことの大切さを訴えました。本当にそう思います。
 また、アカシヤ会17年の歩みをふりかえり、親自身が語り合い気持ちが楽になることが会の一番の役割なので、
無理せず息長く継続することが大切であることも強調していました。不登校は現在の教育システムが生み出している問題でもあり、学校のあり方や制度の改革といった課題も避けて通れませんが、「親の会」がそこまで抱え込んでしまうと、かなり無理が来ます。悩んでいる親が自分の気持ちをはき出し、体験者の話しに耳をかたむけることで、何かの手がかりを得ることができればよいので、「そんな会がある」ということ自体に意味があると思います。
 講演会終了後の意見交換もとても活発で、不登校だけではなく、ひきこもりや発達障害、精神障害などにも関わる方々の体験などもたくさん語られ、とても充実した集いとなりました。そんな訳で、「アカシヤ会」も「昴の会」も「気楽にダラダラ続いていければいいなあ」という思いを新たにした集いでした

テーマ : 子育て・教育
ジャンル : 学校・教育

[

家族会での名言・その1

 りんごさん、コメントありがとうございます。用務が立て込み、なかなかブログを更新できず申し訳ありません。また、拙書を参考にしてくださり、とても嬉しいです。
 改訂版の「あとがき」にも書いていますが、「わが子が不登校で教えてくれたこと」は「函館登校拒否と教育を考える親の会・アカシヤ会」や「道南ひきこもり家族交流会・あさがお」などで、たくさんのご家族や当事者の皆さんとの語り合いがなければ、書くことができませんでした。毎月の例会では、本当にたくさんの大切なことを教えていただいており、数々の生まれれます。先月の「あさがお」例会で、あるお母さんが「『受けとめる』ということには、『責めない』『裁かない』『相手を変えようとしない』とういう三つのことがあると、夜回り先生がどこかで言っていたと思うけど、自分の子どものには、なかなかこんなふうにはできなくて、とても奥が深い内容ですね」と話しておられました。
 頭で分かっていても、なかなかそのとおりにできないのは親子の常、そんな揺れる気持ちを素直に出し合えることで、家族会が皆さんの大きな支えになっていると思います。

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR