近況報告(学校関係者との連携の大切さ)

 「不登校相談情報センター南北海道」の開設に伴う広報活動や、東日本大震災に対して私がかかわるいくつかのネットワークでの義援金の取り組み、専門学校と教育大学での新年講義スタートなどが重なり、ずっとブログ更新をできずにいました。
 気仙沼で福祉施設に勤める友人は津波の直撃を受け、目のs前で入所者の方々が波にのまれていくのを救えなかったことがトラウマになりながらも、ご自身も九死に一生を得て過酷な避難所で入所者を懸命にケアしていることや、被災地の県庁・市役所の友人たちが不眠不休で被災者支援と復旧活動の先頭に立っていることなどを知るにつけ、何かしなければという思いにかられ、関係するネットワークで義援金募金に取り組んでいます。とてもたくさんの仲間たちから多額の募金が寄せられており、そのことで人と人のつながりの大切さを実感し、こちらが元気をもらっている次第です。
 そのような中で開催されました4月10日の北海道社会福祉士会道央地区支部のセミナー「子育てと教育に生かすソーシャルワーク」には、日曜日の午前という一番人が集まりにくい時間帯にもかかわらず、約50名が参加され、熱心にお話しを聞いていただきました。しかも参加者の半数が社会福祉士会員以外の一般参加の方で、学校関係者の方が多かったことも、とても嬉しいことでした
 また、渡島桧山管内の各市町保健福祉部局と教育委員会などを5日かけて訪問し、センター開設についてご説明させていただきました。報道機関もとても協力的で、これまでに北海道新聞、函館新聞(2回)、コミュニティラジオ局「FMいるか」でも取り上げていただき、今週、HNK函館放送局にも出演の予定です。
 これまでに6件の相談があり、中には学校の先生に紹介されてという方もおりましたので、福祉士会セミナーと合わせて、学校関係者との連携がますます重要であることを再認識しています

 

スポンサーサイト

「不登校相談情報センター南北海道」開設記念講演会

 不登校相談情報センター南北海道の開設を記念し、「昴の会」2周年記念とジョンイントして高柳滋治先生の 
講演会を開催
します。高柳先生は豊富な臨床経験を持つ小児科医師であり、アドラー心理学をベースにした子育て支援の取り組みや自由高原の創設に尽力された実践家で、本質的なことをとても分かりやすくお話してくます。
【「生きる力を育てる」講演会】 
日 時 4月29日(金・祝日) 14時~16時 16時~17時:当事者・家族の懇談会
□会 場 北斗市七重浜住民センター「れいんぼ~」工芸室(JR七重浜駅隣接)
□講 師 はるこどもクリニック院長 高柳滋治 氏
□参加費(資料代) 300円
□主 催 昴の会~不登校をともに考える会  不登校相談情報センター南北海道 
□後 援 北斗市教育委員会
□連絡先 野村(不登校相談情報センター南北海道代表)090-6261-6984
     川崎(昴の会事務局)090-9438-0825
  

「不登校相談情報センター南北海道」を開設しました

 東日本大震災への対応や「不登校相談情報センター南北海道」の開設などでバタバタして、ブログ更新が滞ったまま4月を迎えてしまいました。大震災、原発事故と被災者の皆さんにはお見舞いの言葉も見つかりません。日本人の復活の力を信じて、自分のできることから、一歩ずつ進んでいきたいとおもいます。
 さて、当地のフリースペース「自由高原」は、残念ながら昨年4月で活動を休止しましたが、その継承団体として表記センターを開設いたしましたので、今後ともよろしくお願い申し上げます。(転送歓迎)

1 目 的
  小中学生の不登校は12万人を、高校生の不登校も5万人を超え、多くの子どもと家庭が悩み、
 不安の日々を過ごしています。そのような事態を少しでも改善するために、不登校に関する適切な
 知識と情報を広め、相談に応じる「不登校相談情報センター南北海道」を開設
します。

2 事業内容
(1)啓発活動
  ア 関係団体と連携し、不登校への理解を広めるための講演会やフォーラムを開催する。
  イ 不登校や子育て、子どもの発達等に関する研修会・学習会の講師を紹介する。
(2)相談活動
  ア 電話による相談を受け、必要に応じて面接相談を実施する。
  イ 相談は無料とし、当面「野村携帯」(090-6261-6984)で対応する。
(3)交流事業
 不登校の子どもと家族が参加できるレクリエーション等の交流事業を実施する。(不定期)

3 運営体制と経費
(1)運営委員会
   上記事業の企画・推進を行うために運営委員会を設け、代表と事務局長を置く。 
(2)運営経費
  フリースペース「自由高原」(1999年~2010年開設)の運営費残金および寄付金により、
   100万円の基金
を設け、事業を実施する。

4 開設時期
  2011年4月1日

5 連絡先
  ・代表:野村俊幸  電話:090-6261-6984 FAX:0138-57-3041
        メール:tnomura@sea.ncv.ne.jp
・事務局住所  041-0802 函館市石川町122-121  事務局長:後藤健一


プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR