9月の行事予定

9月の函館地域における不登校・ひきこもり関連定例行事は次のとおりです。

◆函館圏フリースクール「すまいる」 小中高校生年代の不登校の子どもの居場所
 ・日時、場所:毎週月~木、10時~15時、函館市大手町9-13
 ・「高卒資格」取得に向けた学習支援の「フリースクールコース」も開設しています。 
・申込先:事務局(庄司:090-9522-1841) ・居場所参加費:半日500円、1日900円

◆「ふぉろーず」勉強会 <概ね第1日曜日に開催>
※ 思春期以降に自閉症スペクトラム障害(高機能自閉症・アスペルガー障害・その他の広汎性発達障
   害) の診断を受けた方及びその可能性のある方の家族による勉強会です。
・日時:9月1日(日)13時30分~15時30分
 ・場所:函館市総合福祉センター「あいよる」2階第2会議室(若松町33-6)
 ・参加費:無料    ・連絡先:野村(090-6261-6984) 

◆ひきこもり当事者の集い「樹陽のたより」例会 <概ね第2日曜日に開催>
 ・日時:9月8日(日)午前11時~午後1時
 ・場所:函館地域生活支援センター2階(駒場町9-24)
 ・参加費:無料 ・連絡先:野村(090-6261-6984)
 
◆道南ひきこもり家族交流会「あさがお」例会 <概ね第2日曜日に開催>
 ・日時:9月8日(日)午後2時~午後4時
・場所:函館市総合保健センター2階会議室(五稜郭町23-1)   ・資料代:200円(会員は無料)
 ・連絡先:函館渡辺病院医療福祉科(0138-59-4198)  野村(090-6261-6984)

◆登校拒否と教育を考える函館アカシヤ会 例会 <概ね第3日曜日に開催>
・日時:9月15日(日)13時30分~16時
・場 所:函館市地域交流まちづくりセンター(末広町4-19)
 ・資料代:200円(会員は無料)   ・連絡先:野村(090-6261-6984)

◆登校拒否と教育を考える函館アカシヤ会 ランチ例会
・日時:9月18日(水)11時~13時ころ ・場所:「すまいる」事務所(大手町9-13)
 ・連絡先:野村(090-6261-6984) ・昼食を各自持ち寄り懇談、参加費無料

◆「昴の会」~不登校をともに考える会 例会 <概ね第4日曜日に開催>
 ・日時:9月22日(日)14時~16時  16時~社会福祉士による個別相談
・場所:北斗市七重浜住民センター「れいんぼ~」3階研修室(JR七重浜駅に隣接)
 ・連絡先:川崎(090-9438-0825)   ・資料代:300円(会員は無料)

◆はこだて若者サポートステーション(サポステ)
 ※ 就労・就学していない15歳~39歳の方を対象に、各種社会体験やトレーニングのプログラムを
   実施し、就労・就学に向けた支援を行っています(サポステは基本的に就労支援機関です)。
・日時:毎週火曜日13時~14時「就トレ」、14時~16時30分「居場所」
    毎週木曜日13時~15時「はこサポワーク」、15時~16時30分「居場所」
    随時、各種講座、職場見学、ジョブトレーニング、学校連携事業、本人及び家族の個別面接
    相談(カウンセリング)等も実施しています。
 ・場所:北海道国際交流センター はこだて若者サポートステーション(元町14-1)
 ・申込先:0138-22-0325   ・参加費:無料 
スポンサーサイト

函館新聞「土曜トーク」の紹介⑤

 ー今後の会に活動は。
 既存の学校制度にこだわらず、すべての子どもが健全に成長できる学習の場づくりを目指し本年度、「多様な学びの場の創造部会」を立ち上げました。子どもが不登校になっても、安心して学べる場を提供できるよう、社会に対して呼び掛けていきたいと思います。

函館新聞「土曜トーク」の紹介④

 ー不登校への対応は。(続き)
 また、一番親が不安に思うことは、学校に行かないことで子どもの将来が閉ざされると考えててしまうことです。だが現在は、通信制や定時制、また高校卒業認定試験などを受けて大学や専門学校に進学する子どももたくさんいます。固定的に考えず、いろいろな進路があるということを知ってもらいたいと思います。

函館新聞「土曜トーク」の紹介③

 ー不登校児への対応は。
 一番に無理をさせないということが大切です。学校に行かないことは、その子のとって必要なプロレスだということを受け入れ、理解してほしい。私も長女が中学2年生の時に不登校になって、将来の不安から無理矢理学校に行かせようとしましたが、頭痛や不眠などの症状をひどくさせてしまった経験があります、不登校を否定せず、相手と良い関係をつくって支援に当たってもらいたい。

函館新聞「土曜トーク」の紹介②

 ー現在の活動は。
 会員は90人で、不登校の子どもを持つ親のほか、学校教諭やフリースクールのスタッフなどもいます。毎月第3日曜日の例会で、親たちが子どもとのかかわり方や不安に思っていることなどを語り合い、仲間と悩みを共有することで気持ちを楽にしてもらっています。このほか、不登校に対する社会への理解を広めるため、『講演会や勉強会を開いています。

函館新聞「土曜トーク」の紹介①

 8月17日の函館新聞(3)面の「土曜トーク」に「不登校への理解を広めたい」という見出しで、私のインタビューがカラー版の紙面に写真入りの大きな記事で掲載されましたので紹介します。写真は加齢を争えない写りになってますが(^_^;)、内容はつ耐えたかったことを的確にまとめ表現していただきました。担当の金子真人記者に心から感謝いたします。
(本文)
 不登校やひきこもりの子どもを抱える親たちの悩みを語り合い、意見や情報を交換する場として1993年に設立された「登校拒否と教育を考える函館アカシヤ会」。今年で20周年を迎えた同会は、不登校になった子どもたたちの学びを保障する取り組みにも力を入れている。代表の野村さんに現在の活動や今後の展望を聞いた。

 のむらとしゆき 1950年上磯町(現北斗市)生まれ。北海道大卒。73年に同庁に入庁、2008年に退職
           し、函館臨床福祉専門学校の専任講師、アカシヤ会の代表となる。現在は、同校と道教育
           大函館校の非常勤講師などをつとめる。趣味はカラオケ、温泉巡り。

お勧め書籍(最近の読書から)

 今年の夏は7月25日~29日関西方面へ、8月1日~5日は小樽・深川・帯広と道内を回る用務があり、旅行してきました。私は飛行機が苦手で、時間があるときは道内はもちろんですが道外も極力鉄路を利用する鉄男クンなものですから、今回もすべて鉄道で周遊しました。何よりありがたいのは、まとまった読書の時間を取れることで、とくに新幹線は揺れないので絶好の図書室になります。車運転の心配もないので、缶ビール片手に読書というのは至福のひとときです(*^_^*) 
 そんなわけで、この旅行で溜まっていた未読書籍をたくさん読むことができハッピーでしたが、その中でも特に印象に残り、すぐに役立つ3冊を紹介します。
『子育てハッピーアドバイス「大好き!が伝わるほめ方*叱り方」小学生編』
  おなじみ、明橋大二先生の大ベストセラーシリーズの新刊です。1万年堂出版 933円+税
『あたし研究 自閉症スペクトラム~小道モコの場合』 クリエエイツかもがわ 1800円+税
  宝塚で開催された「登校拒否を考える夏の全国大会」にご本人もゲスト参加していて、イラスト入りサインも
  もらいました(*^_^*) 当事者ならではの、ナットク!の絵と文です。
『体罰はなぜなくならないか』 藤井誠二著 幻冬社新書 800円+税
  ともかく衝撃です。体罰を語るには必読の一冊だと思います。

不登校相談会のお知らせ

 札幌のイベントですが、北海道フリースクール等ネットワークから次のとおり「第2回不登校相談会」開催の案内がありましたのでお知らせいたします。
 8月24日土午後6時半、札幌市北区北8西3の札幌エルプラザ4階大研修室AとB(札幌駅)。
 不登校に悩み自分の道を探している児童・生徒や保護者のための相談会。
 学校以外で学びの場を提供しているフリースクールや、我が子が不登校を経験した親の会などの
 スタッフが個別の相談に応じます。参加者にはもれなく「不登校Q&A」をお渡しします。
 問い合わせ先  北海道フリースクールネットワーク(011・743・1267)
なお、第3回が9月28日(土)13:30、さっぽろ若者サポートステーション
(南1東2大通バスセンタービル2号館)で開催されます。

「多様な学び」勉強会のお知らせ

「登校拒否と教育を考える函館アカシヤ会」では、通常例会とは別に「多様な学び勉強会」をスタートさせ、第4回を下記のとおり開催しますので、関心をお持ちの方にご紹介いただければ幸いです。
 また8月10日の北海道新聞25面「あのころ」に、北海道にけるフリースクール運動の草分けである札幌自由が丘学園代表の亀貝先生のインタビューが掲載されました。「退職金を使い切ってフリースクール開設にこぎつけた」というお話にただただ敬服しましたが、これはまた、フリースクールが子どもたちの成長に大きな役割を発揮してきたにもかかわらず公的支援のシステムが未整備なことの表れでもあると思います。

【函館アカシヤ会 第4回「多様な学び勉強会」のご案内】
◇日 時:2013年8月31日(土)13:30~15:30
◇場 所: 函館市総合福祉センター「あいよる21」3F第2会議室(若松町33-6)
◇テーマ1:「学校が抱える課題」 後藤健一さん(公立小学校教員)
◇テーマ2:「多様な学び保障法とは」 高石勇光さん(アカシヤ会運営委員)
◇資料代:200円(アカシヤ会会員は無料)
◇「多様な学び勉強会とは」
 2012年7月に「多様な学び保障法を実現する会」が全国のフリースクールやシュタイナー教育など独自の教育実践をしている団体運営者、教育学者などを中心に結成されました。既存の学校制度にこだわらず、子ども達が健全に成長できる「学びの場」をどう作ることができるか、これは大きな国民的課題です。函館アカシヤ会は「多様な学びの場の創造」部会を設け、さまざまな立場の方々の意見交流を通じてこの課題に取り組んでいきます。どうぞお気軽にご参加ください。
 連絡等:高石(アカシヤ会運営委員) 携帯090-1304-0586 メールsatsukieducation@yahoo.co.jp

あっちこっち回っていました(^_^;)

 今月初めてのブログ更新になりました(ー_ー)!! 7月25日~29日は宝塚で開催された「登校拒否・不登校を考える夏の全国大会」参加等とため関西方面に出かけ、8月1日~5日は、北海道民間教育研究団体協議会おたる集会や、深川保健所ひきこもり支援研修会、十勝川温泉で開催された「登校拒否・不登校問題全国のつどい」への参加、おびひろ若者サポステ見学で出かけてましたので、ブログにすっかりご無沙汰してしまいました。
 全てとても勉強になり実り多いツアーで、関係者の皆様に感謝いたします。道民教分科会で報告したレポート
「いじめ・体罰と多様な学びの保障」と深川講演のレジメ「不登校・ひきこもりの理解と支援」をご希望の方は
添付ファイルで送信しますので、ご一報ください。また、これらの資料には電子データ以外の新聞記事コピーなどもついていますので、そちらもセットでご希望の場合は郵送いたしますので、送付先住所をお知らせください。
全国的に猛暑が続いていますのでご自愛ください。私も関西の猛暑に遭遇し、得難い体験をしました(^_^;)
プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR