7月の不登校・ひきこもり関連行事のお知らせ

道南地域の7月の不登校・ひきこもり関連行事をお知らせしますので、関心をお持ちの方にご紹介いただければ幸いです。
◆「ふぉろーず」勉強会 <概ね第1日曜日に開催>
 □思春期以降に自閉症スペクトラム障害(高機能自閉症・アスペルガー障害・その他の広汎性発達障害)の
  診断を受けた方及びその可能性のある方の家族による勉強会
 □日時:7月3日(日)13時30分~15時30分
 □函館市総合福祉センター「あいよる」3階第2会議室(若松町33-6)
 □参加費:無料    □連絡先:野村(090-6261-6984)

◆ひきこもり当事者の集い「樹陽のたより」例会 <概ね第2日曜日に開催>
 □日時:7月10日(日)11時~13時、函館市総合保健センター2階第2健康指導室階(五稜郭町23-1)
 □参加費:無料    □連絡先:野村(090-6261-6984)
 
◆道南ひきこもり家族交流会「あさがお」例会 <概ね第2日曜日に開催>
 □日時:7月10日(日)14時~16時 
 □場所:函館市総合保健センター2階会議室(五稜郭町23-1) □資料代:200円(会員は無料)
 □連絡先:函館渡辺病院医療福祉科(0138-59-4198)  野村(090-6261-6984)

◆登校拒否と教育を考える函館アカシヤ会 <概ね第3日曜日に開催>
□日時:7月17日(日)13時30分~16時  
□場所:函館市総合福祉センター「あいよる」1階集会室(若松町33-6)
   ※8月21日の例会は「函館市総合保健センター2階第2健康指導室」で開催します。
□資料代:200円(会員は無料)     □連絡先:野村(090-6261-6984)

◆「昴の会」~不登校をともに考える会 例会 <概ね第4日曜日に開催>
 □日時:7月24日(日)14時~16時  16時から社会福祉士による個別相談も実施
□場所:北斗市七重浜住民センター「れいんぼ~」3階研修室(いさりび鉄道七重浜駅に隣接)
 □資料代:300円(会員は無料)     □連絡先:内藤(090-4879-4142)   

◆函館圏フリースクール すまいる http://hakodate-smile.jimdo.com/
 □フリースペース(不登校の子どもの居場所)は月~木の10時~15時、フリースクール(学習支援、
  訪問サポートも含む)は小学生から高校生年代を対象に個別・時間制で希望に応じ実施します。  
  個別相談は毎週月曜日13時~15時、主に家族・関係者を対象に実施します(要予約)。
 □連絡先(事務所):函館市大手町9-13 ☎(月~木10時~15時)080-4349-6463
      代表・庄司メール:akashi.shoji@gmail.com  または野村(090-6261-6984)

◆ふりーすぺーすヨリドコロ (函館市の委託を受けて実施しており、利用対象は函館市民)
 □わかもの(18~39歳)の自由な空間。働いている方も、働いていない方も、家以外の場所で
  のんびりしたくなったら、だれかと話したくなったら、お気軽においでください。無料です。
 □日時・場所:毎週水・金の13時~15時、函館市元町14-1・北海道国際交流センター(HIF)
          4階ラウンジ お問合せは☎0138-22-0770 HIF・ヨリドコロ担当者へ
スポンサーサイト

不登校・ひきこもり体験者のお話を聞く会②

  ここからは私(母親)が感じていることです。
  不登校って困ったことだと思うと、困ったことになる。けど、親子でいっぱい考える時間を与えてもらったと考えることができたら、それって案外幸せなことのかも知れません。
  あの当時言われていたことは、「お母さんが笑わないと子どもも笑えない」「自分のせいでお母さんが苦しくなっている」と子どもは思っている。「子どもは子どもなりに親に気を使って生きているのだ」ということをいろいろな講演会で知ったときに、自分のペースはあまり崩さないようにと考えて行動しました。
  「生きているだけで十分ラッキー」だとわかっていながら、子どもに負荷をかけてしまうのが親なのだと思ったこともあります。過去は変えられないけれど、未来は変えることができる。それには、やっぱり笑って生きていくこと。そんなことを教えてもらった気がしています。
  私は正常な親子関係を築いてもらえなかった子どもでしたが、娘のおかげで元の家庭よりもいい家族体験をさせてもらっていると、今では思います。なので、渦中の方、苦しいこともいっぱいあります。けれど、きっと未来は明るい。だって、子どもが悪いわけでも、親の私たちが悪いわけでのなく、日本の教育の在り方に「違うと思う」ということを体を張って訴え続けている我が子たちはとっても素敵な存在になると信じています。
  だから、笑顔で過ごす時間をぜひ大切にしていただきたいと願っています。

不登校・ひきこもり体験者と家族のお話を聞く会①

  5月15日の函館アカシヤ会は拡大例会の形で、不登校・ひきこもりを体験したご家族のお話を聞く集いを開催し、35名もの方に参加いただきました。ご本人2名、お母さん2名のお話は、実体験ならではの分かりやすく説得力のある内容で、参加者一同深い感銘を受け、たくさんの元気をもらいました!(^^)!
 6月19日例会は7名と珍しく少人数で、その分ゆっくり話し合いができました。また、函館市教育委員会の先生が「保護者の悩みを直にうかがって勉強したい」ということで参加され、率直な意見交換ができて、とても有意義な会となりました。学校での理解が広がることを願っています。
 そこで、しばらくの間、5月例会での体験談を連載いたします。
【体験報告のトップバッター・運営委員のSさんからいただいたレポートをご紹介します】
中学校で長く不登校していた娘が高校生になってから言っていたこと。
(1)不登校は義務教育のうちにすべし~これは保健室登校や、頑張って別室登校などで通い続けた同級生が、高校入学後の1学期のうちに次々と退学していった姿を見て、呟いた言葉です。高校では単位が取れないと進級もままならない現実を中学では知らなかった。だから頑張ってしまって余計大変になったと思う。
(2)休息をしっかりとること~自分が動こうと思うときに、充電をしっかりしていないと、また途中で息が切れて、そういう自分がいやになったり、期待を裏切る形にもなってプレッシャーになる。
(3)大人は(特に学校の先生)は、やっとの思いで学校にたどり着いているのに、すぐ次のステップを期待するので、嫌気がさした。
(4)かーちゃんは、自分が中学生だったころは「学校に行け、行けモードだと思ったけど、親元を離れて、ほかの家庭の会話を聞くと、意外と良い親だったんだってわかった。
(5)野村さんの自分の子どもの事での講演会を聞いた時に、「なんてひどい親だ」と思った(笑)けど、~スミマセン(-.-):野村コメント~そんな野村さんが自分は好きだった。~アリガトウゴザイマス(^_^;):野村コメント~。

登校拒否と教育を考える夏の全国大会のお知らせ

【登校拒否・不登校を考える夏の全国大会2016in宮城】
 不登校やひきこもりに関わる方々が、学び合い、つながりあいながら支え合う集いを1990年から全国各地で開催し、今年は次のとおり宮城県で開催されます。
 私は第3分科会「不登校支援のあり方」で、アドバイザーを務めさせていただくことになりました。尾木ママの記念講演をはじめ充実したプログラムで、並行してNPO法人全国フリースクールネットワーク主催の「夏の全国子ども交流合宿」も開催され、親子で参加しても楽しい集いですので、関心をお持ちの方にお知らせいただければ幸いです。ちなみに、「函館~仙台」は新幹線で「函館~札幌」より速くなりました!
 チラシをご希望の方はデータ添付または郵送によりお送りします。
□と き:8月20日(土)21日(日)
□ところ:東北学院大学土樋キャンパス(仙台市青葉区土樋1丁目3-1)
□プログラム
 (一日目)12:00 会場・受付  12:50 オープニング
  13:30 奥地圭子さん基調講演ー不登校調査開始50年ー 「僕は僕で良かったんだ」 
  14:20 子ども・若者シンポジウム「不登校した私たちの気持」
  15:30 休憩
  15:50 シンポジウム「震災と不登校ー東日本大震災から5年、今を語る」
  18:00 チェックイン(宿泊先:ホテルキャッスルプラザ多賀城 多賀城市桜木1-1-60)
  19:30 参加者交流会
 (二日目) 9:15 テーマ別分科会
   ①子どもが不登校になったら ②不登校と自己肯定感 ③不登校支援のあり方 ④ひきこもり、医療・相談機関との関わり
   ⑤きつい状態の子どもとの関わり ⑥発達障がいと不登校 ⑦不登校と経済問題 ⑧多様な学び~フリースクール・居場所・    ホームスクーリング  ⑨持続可能な居場所・フリースクールの運営 ⑩若者の就労・地域での生き方について ⑪当事者     交流サロン
  12:00 昼食
  13:00 記念講演 教育評論家 尾木直樹さん「ありのままに今を輝く」
  14:10 休憩
  14:30 親シンポジウム「わが子の不登校から学んだこと」
  16:00 エンディング(大人・子ども合同)
  16:30 終了
□参加費用 大人宿泊参加:17,500円 子ども(19歳以下)宿泊参加:11,500円 (20日夕食・21日朝食込み)
        20日大人日帰り:2,500円 21日大人日帰り:3000円 子ども日帰りは両日無料(プログラムにより実費負担もあり)
□お問合せ・申込み  NPO法人登校拒否・不登校を考える全国ネットワーク(東京都北区岸町1-9-19)
               http://www.futoko-net.org/2016/
              TEL/FAX:03-3905-5614 メール:info@futoko-net.or.jp  申し込み締切 7月22日(金)

「置き去り事件」の考察・補足

  「置き去り」事件について、たくさんの方々と意見交換できて、とても勉強になりました。その中で、事の発端となった「子どもが車や人に石を投げた」行為とそれに対する対応について、どのように考えたらよいだろうかというご意見をいただきました。
  このことについて、6月12日の北海道新聞で、札幌のNPO法人「子育て応援かざぐるま」代表の山田智子さんが次のように語っていますが、ナルホド!と思いましたので、参考までにご紹介いたします。
  『他人が困る行動をした場合には、子どもの気持を受け止めた上で、それがどうして良くないことなのかを、その子の成長具合に応じて分かるような言葉で教えてあげてほしい。(中略) 石を投げた場合、人に当たったら痛くてけがをすることを伝えつつも、
だれにも迷惑のかからない場所で挑戦させてあげるのも一案でないか。ボールと石の違いを探求していたかもしれないと考えてほしい。子どもにもその行動を取る事情があり、何らかの意味がある。(後略)』

続きを読む

福祉関連イベント2件ご案内

  とても有意義な函館地域の福祉関連イベントをお知らせしますので、関心をお持ちの方にご案内いただければ幸いです。

【小呂野塾~福祉について語り合う場~開催(第一回目)のお知らせ】
□日時:6月29日(水)18時30分~
□場所: 喫茶小呂野(ゆあさ社会福祉士事務所1階)函館市美原5丁目31-10
□テーマ:しつけとは…しつけと虐待の境目はどこか」  
□連絡先:NPO法人小呂野 ?0138-83-8471 FAX 83-8472
       メール wy1125@beige.plala.or.jp)

【ブラインドウォーク&ランニングサークル】
□内容:視覚障害者の仲間たちと一緒に、風を全身で感じながら、ランニングやウォーキングでさわやかな汗を流す活動です。
     湯川の視力障害センターに集まって、海岸線を啄木小公園を目指して、走ったり・歩いたり、それぞれの体力やペースに      応じて行います。ランニングorウォーキング希望者、視覚障害ランニング・伴走ボランティア体験希望などなど、色々な人た     ちが集まる、楽しい仲間作りの場です。今年の目標を、10月16日の大沼グレートラン&ウォークに希望者で参加すること      を目指しています。
□日時:7月3日(日)及び9月4日(日)午前9時より
□集合場所:国立函館視力障害センター グラウンド(函館市湯川町1丁目35-20)
□持ち物:運動に適した服装
□コース:視力センター → 海岸線 → 啄木小公園 → 視力センター
□事前の申込みは特に必要としておりませんので、当日時間までにおこしいただければOKです。

八雲町「子ども・若者支援」講演会のご報告

  6月15日夜、八雲町で「子ども・若者支援」講演会があり、「不登校・ひきこもりの理解と支援」というテーマでお話させていただきました。
平成21年に「子ども・若者育成新推進法」が施行され、第2条七に「修学及び就業のいずれもしていない子ども・若者その他の子ども・若者であって、社会生活を円滑に営む上での困難を有すもの」に対して支援を行うことが明示されているのですが、地方公共団体による温度差が大きく、なかなか進んでいません。
  北海道八雲町では子育て支援センターを相談支援体制を担う窓口に位置づけ、今回の事業を実施したもので、主催者催者の予想を大幅に上回る50名近い方の参加があり、講演会の後に相談会も実施しました。
  当センターが軸になって教育委員会・学校・保健福祉部局などをつないでのケース会議なども始まっており、このような取り組みが各自治体で広がると良いのですが…

「子ども置き去り事件」のその後②

  その後、警察は事件性なしとして捜査を終えましたが、函館児童相談所に虐待通告しましたので、児相がしっかり対応してくれると期待しています。
  私は、大和君が6日も自衛隊施設から動かなかったのが気になります。それが結果的に命を救ったわけですが、7歳の子がサバイバルのために、意識的にそうしたとは考えにくく、それこそ「親に捨てられ帰れない」という気持でそこから動けなかったのかもしれません。だとすれば、心理的・精神的にとても大きなダメージを受けていることが考えられ、そのケアもとても大事になりますので、児相が関わることになって良かったと思います。
  6月6日の函館新聞は、「父親は辛い思いをさせごめんなと謝ったら、息子が『お父さんが優しいから許すよ』と言ってくれた。
申し訳ない気持ちになった」とあふれる涙を拭いながら声を詰まらせた」報じています。
  私は前回述べたとおり、心理的虐待だと考えますが、このような報道のとおりとすれば、親子分離ではなく家族再統合の支援が中心になると思われますし、穏やかな家族関係が回復することを願っています。
  いずれにろ今回の事件を、「子どもが保護されて良かった」で終わらせるのではなく、「しつけ」や子育てのあり方を考える大きな機会になることを願っています。

「子ども置き去り事件」のその後①

  今回の「置き去り事件」について、前回のブログで函館新聞のコメント記事をご紹介しましたが、取材を受けた際に私がお話したポイントは以下の3点で、記事には主に③の内容が掲載されました。
①「行き過ぎ」と親が反省しているのは当然ですが、このような置き去り自体が明らかに心理的虐待です。
②「しつけ」という名のもとに虐待が起きていることに、社会はもっと気付いてほしいです。
③「子どものケア」は、親が心底間違いを認め子どもに謝ることが基本と思います。

また、同日の北海道新聞28面に識者の声が掲載されていますが、教育や子育てに大きな発信力を持つ尾木ママ・尾木直樹さんと、夜回り先生・水谷修さんが対照的なコメントをしていますので、参考までにご紹介します。

【教育評論家で法政大学教授の尾木直樹さん(69)は、「これは完全な虐待」と言い切る。 父親は、大和君が公園で人や車に向けて石を投げたことが置き去りの理由と説明したが「7歳なら言葉で通じる。言葉で伝える信頼関係ができていなかったか、言葉で伝える力量が無いため、焦りやいら立ちから置き去りにしたのだはないか」と見る。】

【「夜回り先生」として知られる教育評論家水谷修さん(60)は「子どもがかわいいから、自分のしたことを考えさせるために距離を置いただけ」と両親をかばう。父親は、大和君を降ろした5分後に戻っており、「帰っておいしいものを食べよう、と抱きしめるつもりだったと思う。親を責めるのは間違い」と述べた。】

今回の「子ども置き去り」事件の新聞コメントについて

  北海道七飯町で発生した「子どもの置き去り事件」は、奇跡的に子どもが無事保護されて本当に良かったです。今回の事件についての函館新聞のっ取材を受け、私のコメントが6月4日に掲載歳されましたので、その部分をご紹介します。
【子どもたちの心に詳しい「登校拒否と教育を考える函館アカシヤ会」の野村俊幸代表は「最も大切なのは、置き去りにされた子どもに親が誠心誠意謝罪すること。 『こんなつもりじゃなかった』というのは通用しない。やってはいけないことをしたという根本的な反省が求められる」とした】

*最近の講演原稿「不登校・ひきこもりの家族が越える5つの関門」をご希望の方に
  添付ファイル(A5版8ページ、一太郎かワード)または郵送によりお送りします。
*登校拒否と教育を考える函館アカシヤ会 http://akashiyakai.phpapps:jp/
*道南ひきこもり家族交流会「あさがお」 http://asagao.phpapps:jp/
『カナナリアたちの警鐘~不登校・ひきこもり・いじめ・体罰ヘはどにように対処したらよいか』
  文芸社セレクション・文庫版、700円+税 書店注文または送料著者負担により送付可 

最新の講演原稿と「すまいる」情報

 5月は「青森さくらの会」と「浦安市不登校を語るつどいBaobab」でお話をさせていたき、おかげで2回も北海道新幹線に乗ることができました(*^。^*) どちらの会でも参加者に熱心に講演を聞いていただき、また講演後のミーティングにも大勢の方が残ってくださって、とても内容の濃い、有意義な会となりました。
 それらに踏まえて、講演原稿「不登校・ひきこもりの家族が越える5つの関門」を整理しましたので、ご希望の方にお送りいたします。一太郎またはワードで、A4版8ページです。
 また、6月3日の函館新聞に「不登校の子支え5年 フリースクールすまいる」という大きな記事が掲載されましたので、ご希望の方にpdfファイルでお送りいたします。

八雲町「子ども・若者支援」講演会のお知らせ

  平成21年に「子ども・若者育成支援推進法」が施行され、「修学及び就業のいずれもしていない子ども・若者等社会生活を円滑に営む上での困難を有するもの」への支援がうたわれていますが、同法第19条に基づく「子ども・若者支援地域協議会」の設置は平成28年4月現在で、都道府県32、政令指定都市13、その他市町村45に留まっているなど、地方公共団体による「温度差」が気になるところです。
  八雲町では、住民課子育て支援センターが窓口になり、相談や啓発活動に取り組んでおり、今年度は下記のような事業も開催されますので、関心をお持ちの方にご紹介いただければ幸いです。
【北海道八雲町:平成28年度「子ども・若者支援」講演会】
□日時 平成28年6月15日(水)午後6時~8時
□場所 八雲町立図書館(八雲町相生町98)
□テーマ「不登校・ひきこもりの理解と支援~親の体験と相談現場から」
□講師 野村俊幸(社会福祉士・精神保健福祉士)
       はこだて若者サポートステーション相談支援員
□主催・申込み・問合せ先  八雲町子育て支援センター
   TEL:0137-62-2573 FAX:0137-62-2660 Mail:kosodate@town.yakumo.lg.jp

6月の不登校・ひきこもり関連行事のお知らせ

道南地域における今月の不登校・ひきこもり関連行事は、下記のとおり通常ペースになりますので、お悩みの方や関心をお持ちの方にお知らせいただければ幸いです。

◆「ふぉろーず」勉強会 <概ね第1日曜日に開催>
□思春期以降に自閉症スペクトラム障害(高機能自閉症・アスペルガー障害・その他の広汎性発達障害)
の診断を受けた方及びその可能性のある方の家族による勉強会
□日時:6月5日(日)13時30分~15時30分
□函館市総合福祉センター「あいよる」3階第2会議室(若松町33-6)
□参加費:無料 □連絡先:野村(090-6261-6984)

◆ひきこもり当事者の集い「樹陽のたより」例会 <概ね第2日曜日に開催>
□日時:6月12日(日)11時~13時、函館市総合保健センター2階第2健康指導室階(五稜郭町23-1)
□参加費:無料 □連絡先:野村(090-6261-6984)

◆道南ひきこもり家族交流会「あさがお」例会 <概ね第2日曜日に開催>
□日時:6月12日(日)14時~16時
□場所:函館市総合保健センター2階会議室(五稜郭町23-1) □資料代:200円(会員は無料)
□連絡先:函館渡辺病院医療福祉科(0138-59-4198) 野村(090-6261-6984)

◆登校拒否と教育を考える函館アカシヤ会 <概ね第3日曜日に開催>
□日時:6月19日(日)13時30分~16時
□場所:函館市総合福祉センター「あいよる」1階集会室(若松町33-6)
※8月21日の例会は「函館市総合保健センター2階第2健康指導室」で開催します。
□資料代:200円(会員は無料) □連絡先:野村(090-6261-6984)

◆「昴の会」~不登校をともに考える会 例会 <概ね第4日曜日に開催>
□日時:6月26日(日)14時~16時 16時から社会福祉士による個別相談も実施
□場所:北斗市七重浜住民センター「れいんぼ~」3階研修室(いさりび鉄道七重浜駅に隣接)
□資料代:300円(会員は無料) □連絡先:内藤(090-4879-4142)

◆函館圏フリースクール すまいる http://hakodate-smile.jimdo.com/
□フリースペース(不登校の子どもの居場所)は月~木の10時~15時、フリースクール
(学習支援、訪問サポートも含む)は小学生から高校生年代を対象に個別・時間制で希望に応じ実施します。
個別相談は毎週月曜日13時~15時、主に家族・関係者を対象に実施します(要予約)。
□連絡先(事務所):函館市大手町9-13 ☎(月~木10時~15時)080-4349-6463
代表・庄司メール:akashi.shoji@gmail.com または野村(090-6261-6984)

◆ふりーすぺーすヨリドコロ (函館市の委託を受けて実施しており、利用対象は函館市民)
□わかもの(18~39歳)の自由な空間。働いている方も、働いていない方も、家以外の場所で
のんびりしたくなったら、だれかと話したくなったら、お気軽においでください。無料です。
□日時・場所:毎週水・金の13時~15時、函館市元町14-1・北海道国際交流センター(HIF)
4階ラウンジ お問合せは☎0138-22-0770 HIF・ヨリドコロ担当者へ

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR