ひきこもり体験者のつどい「樹陽のたより」例会より

 ひきこもり体験者のつどい「樹陽のたより」例会は、4月10日、5月8日、6月12日はともに8名の参加でした。
 各人それぞれに好調・不調の波があるのは自然なことなので、このような会で語り合うことで、自分の状況を振り返る機会となり、よりよい対処方法を考える手掛かりを得ることもできます。
 また、十数年就労できなかった方がサポステに参加して「大人のインターシップ」という職場体験をくぐり、インターシップ先の職場に気にいられてそこに就職できたという体験なども報告され、お互いを支え合う場にもなっています。
 前回のブログでも述べましたが、体験者のお話に共通して言えるのは、ひきこもりから動き出すことができたのは、ひきこもっている自分の状態を否定されず、自分自身もそれを受け入れるという相互関係が、何らかの形で周囲と形成され、それを実感できたことが大きな要因としてあります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR