「教育機会確保法」成立!

  12月7日に教育機会確保法案が成立、朝日・読売に記事が掲載されましたので、ご希望の方にはスクラップをお送りいたします。
  また、文科省が平成28年9月14日付で「不登校児童生徒への支援の在り方について(通知) 28文科初第770号」を出し、
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/seitoshidou/1375981.htm
  その中で
『不登校とは,多様な要因・背景により,結果として不登校状態になっているということであり,その行為を「問題行動」と判断してはならない。不登校児童生徒が悪いという根強い偏見を払 拭し,学校・家庭・社会が不
登校児童生徒に寄り添い共感的理解と受容の姿勢を持つことが,児童生徒の自己肯定感を高めるためにも重要 であり,周囲の大人との信頼関係を構築
していく過程が 社会性や人間性の伸長につながり,結果として児童生徒の社会的自立につながることが期待される。』
『児童生徒によっては、不登校の時期が休養や自分を見つめ直す等の積極的な意味を持つ事がある…』
『それぞれの可能性を伸ばせるよう、本人の意思を尊重した上で、場合によっては、教育支援センターや不登校特例校、ICTを活用した学習支援、フリースクール、夜間中学等を活用し社会的自立への支援を行うこと』
といった指摘をしています。
  もちろん法案成立はゴールではなくスタートであり、通知も現場で実践されないと絵に描いた餅でしょうが、
学校復帰一辺倒の不登校政策を変えていく重要な手掛かりであり、当事者の声を発信することが一層重要になると思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR