ひきこもり家族交流会例会より②:支援機関を上手に活用する

  この会が始動したころには、どこに相談して良いのか?という手探りの段階があり、相談場所自体も少なく、情報が限られていました。しかし、最近では若者サポートステーションや医療、障害支援や親の会での勉強、また手紙での支援などなど多くの情報を得ることができるようになってきました。そして、それらの情報を皆さんが知って実際に利用・相談していたり、活用してみようかと考えるようになってきています。
  今回のお話の中でも、お子さんの大変な状況をお母様が必死に支えていらっしゃる状況で、その大変さを理解して支えてくれる場所と人に出会っている話が出ました。やはり、今を理解してもらうこと、それを支援してもらえることはひきこもり状態にあるお子さんを支える親として、とても頼りになり、力を与えられる存在であろうと思います。
  今後もこうして支援する団体や人が増えていくこと、その情報を得ていくことが「あさがお」の今後に大きな力になると確信した例会でした。前述の「asurara」命名の由来は、「♪明日を楽しくラララララ♪♪」からだそうです。あさがおも明るい未来に向かって♪ラララララ♪と進みたいと強く思った例会でした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR