函館アカシヤ会例会より③:進路の悩み・その3

◆進路について話すタイミングは、今時期ならいつでもいいと思います。世間一般が「進路」について考える時期ですから、腫れ物に触るようにタイミングをうかがっているほうが不自然かと思います。ただ「進路決定」というのは、「○○高校へ進学したい」と決めることだけではありません。「進路先について今は考えられない」「卒業してからになってもいいので、時間をかけてゆっくり考えたい」といった考えも「進路決定」だと思います。学校側に伝えていい返事ではないでしょうか。

◆会員さんの中にも、3月のギリギリになってから進学した、高校の入学式直後でも入学可能な高校があるなどの情報もありました。また入学した高校が合わず転校・編入などを経験し、その後順調に過ごしている方も何人かおられます。ただ高校は単位取得制なので、転校・編入の可能性も考えられるのであれば、通う高校の単位取得科目・単位取得状況なども把握しておいたほうが、つまずいてしまった場合の対応がしやすいようです。

◆ある会員さんが言っていました。「どんなにいいと聞かされていた学校でも、実際本人が通ってみて、どんな人との出会いがあるかにかかっていると思う。」と。やってみるまでは、今決めたことが「正解」かどうかはわかりません。そしてそれぞれの子ども達に様々なかたちの「正解」があります。たとえ「不正解」の経験をしたにしても、「人生において経験したことに、ひとつも無駄になるものはない。すべて生かされていく。」と、私はある方に教わりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR