不登校「問題」はなぜ解決しないのか⑫:文科初770号通知の意義・ラスト

  通知ではさらに「(4)不登校児童生徒に対する多様な教育機会の確保」で『不登校児童生徒一人一人の状況に応じて、教育センター、不登校特例校、フリースクールなどの民間施設、ICTを活用した学習支援など、多様な教育機会を確保する必要があること。また、夜間中学に おいて、 本人の希望を尊重した上での受入れも可能であること。』と記載しています。 
  また、「3 教育委員会の取り組みの充実」では『市区町村教育委員会のおいては、主体的に教育センターの整備充実を進めていくことが必要であり、 教育セ ンターの設置促進に当たっては、例えば自治体が施設を設置し、民間の協力の下に運営する公民協 営型の設置も考えられること。』
このようにフリースクールの活用が公に推奨されるようになったことは、とても大きな意義があるでしょう。しかし、法律や通知が出ただけで学校現場が急激に変化するとは思えないのです。不登校を生み出す教育システムを変えていくには、次のような課題を解決していく必要があり、今回の立法と通知をそのために大いに活用していきたいものです。、
  ① 根強い学歴神話・学校信仰が生み出す学校化社会・教育家族にを変えていく取り組み
  ② 様々なオルタナティブ教育の実践と成果を広く社会に知ってもらう取り組み
  ③ 不登校のこども・家族等当事者からの情発信とそれを支える取り組み 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR