道南ひきこもり家族交流会「あさがお」会報より:小樽家族交流会前世話人・鈴木さんレポート①:

【5月・6月例会の報告】
5月14日の例会は参加者19名で3グループに分れ、じっくり語り合いました。初参加の方2名は同じグループに入っていただき、悩みや疑問などたくさんお話しいただきました。すぐに解決策が見つかるわけではありませんが、体験者のお話なども参考にしていただけたと思います。
 6月11日の「あさがお」例会は24名が参加、顧問の精神科医・三上廣昭先生(函館渡辺病院理事長)も参加されましたので、グループに分れないで、精神科治療や発達障害などについて日ごろ悩んでいることや分からないことを出し合い、三上先生にコメントいただきながら全員で情報や体験を共有しました。

【函館で…小樽不登校・ひきこもり家族交流会前世話人 鈴木佑子さん】
昨年8月から七飯に住むようになり、「登校拒否と教育を考える函館アカシヤ会」とこちらの「あさがお」「樹陽のたより」に参加させてもらうようになった。
 15年近く熱心で活発な活動を続けてきた実績が、会に参加して感じられる。複数の専門分野の方々、実務の人達、縁の下から支える形の人など多数の人達が関わって会が成り立っている。その多様さが、参加してくる困った親たちに、狭くなりがちな視点を少しずつ広げ、開かせていく働きを持っているように思う。人は困り果てると視野が狭くなり、いつのまにか母と子だけが世の中から隔絶され、疎外された気持ちになってしまう。家庭内や身内内でさえ、母は孤立感を覚え「孤軍奮闘」という言葉が当てはまる時期があるものだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR