6月のひきこもり家族交流会から②

 長くこの会に参加されている親御さんから、新しい参加者の方にこんなアドバイスがありました。
 『始めのうち、自分は「どうしたら子どもが動くようになるか」その方法を教えてもらいたくてこの会に参加していたが、たくさんのご家族の経験を聴くうちに、子どもが動き出すきっかけは千差万別で「こうすればこうなる」というノウハウはなく、親がやらせようと思っても上手くいかないことに気が付いた。そのうちに自分の気持ちがだんだん落ち着き、「自分が変わらなければ」と思うようになったら、子どもに腹を立てることも減り、自然と子どもと柔らかく関わることができるようになって、子どもとの関係も徐々に良くなってきた』そうです。
 また『「特効薬」はないことを肝に銘じ、長期戦になるかもしれないと腹を括ると、子どものことで一喜一憂することも減り、親の気持ちも落ち着いてくる』というお話しもありましたが、家族会の果たす役割の本質を語ってくださったように思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR