北海道社会福祉士会の「ひきこもり研修会」

北海道社会福祉士会では、次のとおり広く一般の方も対象に、「ひきこもり研修会」を開催します。
 内閣府が2010年7月に発表した統計によれば、ひきこもり者が全国に69万6千人、親和群を含めれば155万人に達しました。また全国のひきこもり家族会が行った調査によれば、ひきこもり者の平均年齢も30歳を超え、ひきこもり平均期間が10年以上を示しています。長期・高年齢化するひきこもり、そしてそれを支え続ける家族の苦悩が存在します。今やひきこもりは10代から50代まで広がる現象です。今回、こうした幅広い年代層に及ぶひきこもりを理解するために、ライフステージを見据えた「ひきこもり」支援と長期高年齢化する外出困難なひきこもり者に対する訪問支援を学習する研修会を企画しました。

□日時;2011年8月6日(土)午後1時~午後4時30分
□会場;「かでる2.7」4階大会議室 (札幌市中央区北2条西7丁目)>□参加費;資料代 お一人500円
□参加定員;150名*定員になり次第締め切ります     
基調講演 「ライフステージとひきこもり支援の方策と課題」
  講師:日本福祉大学名誉教授 竹中 哲夫 氏
  <プロフィール>
  大阪市立大学文学部卒。情緒障害児短期治療施設や児童相談所勤務を経て、1982年日本福祉大学に赴任。
  2009年日本福祉大学社会福祉学部教授退職後も、ひきこもり家族会・東海「なでしこの会」のアドバイザーを  つとめる。主なる著書に「ひきこもり支援論-人とつながり、社会につなぐ道筋をつくる」明石書店など多数。
シンポジウム 「訪問活動をどう活用するか!! 訪問支援(アウト・リーチ)のあり方と課題」    
    発題者  ◇ 小樽ひきこもり家族交流会 鈴木 祐子 氏         
         ◇ NPO法人レター・ポスト・フレンド相談ネットワーク 吉川 修司 氏
         ◇ NPO法人北海道若者育成機構「みらい」 五十嵐 慎二郎 氏
         ◇ はこだて若者サポートステーション 野村 俊幸 氏

  ■ コメンテーター 日本福祉大学名誉教授 竹中 哲夫 氏
  ◆ コーディネーター 社団法人北海道社会福祉士会 田中 敦
□問い合わせ先 社団法人 北海道社会福祉士会事務局
         〒001-0010 札幌市北区北10条西4丁目1番地 SCビル2階
         電話 011-717-6886 FAX 011-717-6887

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR