オルタナティブ教育を考える①

 集中連載「教育改革編」⑫で、オルタナティブ教育に言及しましたが、7月7日に「仮称・オルタナティブ教育法を実現する会」の設立総会が東京で開催されました。これは日本の教育改革を目指す運動の画期をなす内容だと思いますので、まずは設立呼びかけ文をご紹介いたします。

 皆さんは、日本の教育について、今、どうお考えでしょうか。時代の変化と共に、新しい教育が必要になってきているのではないでしょうか。70年台半ばより増え続けた不登校はここ10年、小中学生だけでも12万人という大台で横ばい状態が続いており、現在の学校システムに合  わない子、苦しんでいる子は増え続けているといえます。
 その背後には、価値観や学校への期待、子どもの状態や志向性すべてが多様化しているのに、学校や教育システムが一向に多様化していないという事実があります。生物の多様性の大事さはこの間みんなが認めるところとなっていますが、子どもの多様性、教育の多様性、学校の多様性はどうしてか認められていないのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR