北海道新聞「読者の声」に拙稿が掲載されました。

【北海道新聞「読者の声」2012年8月27日】
 いじめの対処に通学休止も一策   社会福祉士 野村俊幸 62 (函館市)
 8月20日朝刊「卓上四季」で、いじめへの対処について「被害を避け休みを続けてはどうだろう。長い人生の、ほんの『小休止』と考えよう。いじめの『苦役』を無理に我慢することはない」とありましたが、全く同感です。
 わが家でも、長期間にわたって2人の娘の不登校を経験しましたが、いじめも大きな要因でした。特に、長女に対しては何とか学校に戻そうとしてとても辛い思いをさせたことを、今も悔やんでいます。次女へのいじめが判明したときは、すぐに通学をやめました。
 9月29日に函館で、不登校の親の会やフリースクール、心理士会などの関係者が「いじめから命を守る緊急集会」を開催し、「学校ができること、なすべきこと」「親ができること、なすべきこと」という二つの講演や参加者の意見交換を行う予定です。
  子どもの安心・安全を守ることが、まず何より優先することを、少しでも多くの方に理解いただきたいと願っています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR