函館登校拒否を考える会「アカシヤ会」9・10月例会より④

 高校生以上の年代になっても子どもが動き出さなかったり、高校中退といった事態を迎えますと、「もうすぐ社会人なのに」と親の焦りはさらに大きくなりがちです。しかし、お子さん自身も歳を経ていろんなことを学んでいますから(学校に行かなくてもテレビやネットなどしっかり見ていて、世の中ことを実によく知っているお子さんが多いのです)、一番焦り、辛い思いをしているのは本人です。
 社会につながりたいという気持ちがあっても、それまでの辛い体験やいろんな事情が重なって踏み出すことに大きな不安を抱えている若者がたくさんいますので、外の出ることができない方に対する訪問支援に函館圏フリースクール「すまいる」(小中高校生年代のお子さん)と「はこだて若者サポートステーション」(高校中退若しくはそのリスクを抱えた方、高校未就学者など)が取り組み始め、まだ件数は少ないですが家庭訪問を始めています。
 家庭訪問は、あくまで本人の希望によるもので、親が差し向けるといったやり方はうまく行きませんが、子どもへの関わり方も含めてどちらの機関でもご相談に応じていますので、お気軽にご連絡ください。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR