【いじめから命を守る緊急集会】講演録の連載・追伸

 緊急集会終了後も「いじめ」関係の報道が続きました。その中に、石川県加賀市の小学1年生の女児が、2学期ころから同級生からいじめを受け、PTSD(心的外傷ストレス傷害)を発症したとして女児と保護者が市と同級生9人の保護に4800万円の損害賠償を求めた訴訟で、11月9日、金沢地裁小松支部はいじめとの因果関係を認め市と同級生3人の保護者に約700万円の支払いを命じたというニュースがありました。
 判決理由で「同級生は階段で女児の体を押して尻もちをつかせたり『きもい』などと言ったりしていた」と女児に対するいじめの違法性を認定し、2年生の2008年、PTSDを発症したとの医師の診断を認定しました。また、担任教師についても「いじめを把握しており防止策を講じるべきだった」と責任を認定しました。(函館新聞・11月10日、北海道新聞・11月11日)
 大人は、小さい子どもの「いじめ」を「悪ふざけ」とか「じゃれ合い」として見過ごしがちではないでしょうか? 「いじめ」が子どもに与えるダメージの深刻さを、私たちはもっと真剣に考えなければならいことを、この裁判は教えていると思います。
 今回連載した講演録はワードまたは一太郎・A4版10ページで、ご希望の方には添付ファイルでお送りしますので、ご一報ください。来年は「いじめ」の悲劇が少しでも減ることを願ってやみません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR