登校拒否と教育を考える函館アカシヤ会 1・2月例会より①

 1月例会では、アカシヤ会会員の安藤さんがNHK学園「セルフカウンセリング養成講座」の通信教育で学ばれた内容をもとに、ご自身の体験を通しながら、実際の応用例や意義などについて分かりやすく説明してくださいました。
 ごく簡単に紹介しますと、ノートの中央に線を引き、左側に子どもの発言や様子、右側に親の発言とそのときの気持ちを書きとめ、特に子どもに怒りや悲しみ、喜びなどの目立った反応があったところは、お互いの言葉や様子を丁寧に分析し、子どもとの関係を見つめ直すというものです。
 記録は大げさに考える必要はなく、メモでもよいので「書く」という行動を繰り返すことにより、子どもに対する欲求や感情などが次第に整理され、子どもと心を通い合わせるための糸口が少しずつ見えてくるというお話はナルホド!と思いました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR