不登校相談情報センター南北海道の相談状況について

(3)相談者の内訳
 やはり「母親」が101件・54.3%と半数を超えているのに対し、「父親」は24件・12.9%で、子育てに関わる負担が女性に過重になっている現実を反映しています。「本人」はわずか7件、3.8%で、当事者から声を上げることが極めて難しい課題であることを示しており、「その他親族(祖父母、きょうだい等)」が9件・4.8%です。
また、「教員」からが18件・9.7%あり、1年目は8.3%でしたので、先生方からの相談・連絡が増えているのはありがたいことです。「その他(保健師・ソーシャルワーカー等支援者、知人など)」は27件14.5%で、こちらも1年目の6%から急増しており、当センターが関係機関等にだんだん知られてきたことの表れと考えております。
(4)相談者の居住地
 やはり「道南」が141件(渡島管内132件、檜山管内9件)75.9%ですが、「道南以外の道内」が25 件・13.4%、「道外」も20件・10.7%あります。HPやネット情報のほか、筆者が各地の講演会や研修会などにうかがった際にお配りした資料や報道などを手がかりに連絡いただく場合もあります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR