函館アカシヤ会「多様な学びの場の創造」部会の紹介②

(2)教育システムを変更する議論も必要
 「多様な学び保障法」の骨子は、現在の学校に行けない子ども達が違うスタイルの教育機関を選べるようにすべきという考えです。これは多様な学びの場の実現において大きな意味を持ちます。
 同時に、私たちは現在の学校自体も変わっていくことで、不登校や登校拒否にならなくてもすむようになるべきだと考えています。なぜならば、全国12万人もの小中学生の不登校数、5万人の高校生の不登校と、また5万人の毎年の高校中退数を見たとき、比較する他国のデータはありませんが、普通の感覚で考えても異常な事態であると言わざるを得ません。もしもそれでよしとするならば、「多様な学びの場」は、いまの教育システムに適合できない子ども達のための「受け皿」づくりというだけの意味になってしまいます。
 もちろん緊急にはその「受け皿」が必要ですが、未来永劫に渡って、不登校を生み続ける学校とその受け皿となる教育機関という類別になるだけです。本来は、今の学校も子ども達が学ぶ場としての選択肢の一つとして見なされるべきです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR