コメントお礼&「アカシヤ会」例会報告③

 こまめさん、いつもご丁寧なコメントありがとうございます(*^_^*)「逆風」というタイトル名のとおり、20年経っても(アカシヤ会は今年20周年です)不登校やひきこもりに対する世間の逆風はほとんど弱まっていないように感じています。なかなか店じまいできないようです… 仰るとおり「安心」が第一なのに「将来の心配」が先に立ち、家庭も学校も子どもにとって安心できる居場所にならない場合が多いように思います。

 例会報告の続きですが、進路決定をめぐっては、お子さんも気持ちが揺れています。長期の不登校の後で高校や大学・専門学校に進学しても続けることができるか、親としては心配です。「無理して進学したはいいが、やはり行けなくなったらダメージがさらに大きくなるので、進学を止めた方が良いのではないか」という気持ちになったり、進学すればしたで「せっかく行ったのだから何とか続けてほしい」と願うのもまた、親心です。
 どれが正解ということはないので、その時々でのお子さんなりに一所懸命考えて選択していますので、「親が先回りして決めた」いう気持ちにお子さんがならないように関わることが大切だと思います。
 これは「親が何も口を挟まない」とか「子どもに好きにさせる」という意味ではありません。親はまず子どもの話を、気持ちを真剣に聴く必要があります。例会参加者のお母さんがその際は「真っ白い気持ちで聴く」ことが大切とお話されていました。
 また、親としての意見や考えがあるのは当然ですが、それを伝える際は「〇〇しなさい」「〇〇した方が良い」という言い方ではなく、「私は〇〇だと思うよ」という言い方に心がける、というお話もされていましたが、全くそのとおりだと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR