「函館アカシヤ会」5・6月例会より①

 登校拒否と教育を考える「函館アカシヤ会」は、概ね毎月第3日曜日に例会を開いています。5月17日の例会は11名の参加で、かつて不登校を経験したという40歳代の方が初参加され、ご自身の体験も語ってくださいました。現在、メンタルクリックを受診していますが「無理に無理を重ねた」ことがひとつの要因になっている思うというお話をされていました。6月21日の例会も11名名の参加で、じっくり語り合いました。今年中学を卒業して進学の道を歩み始めたお子さんの親御さんが3名も参加され、喜びと不安が行ったり来たりの心境が率直に語られ、これからの関わり方について学び合いました。
 「合格しても入学しないかもしれない」という前提で高校受験して合格しお子さんが、だいぶ迷ったそうですが結局入学したそうです。このように、「〇〇しなければならい」と決めてかかるよりも、「そのときになったらまた考える」というスタンスの方が動きやすいと思います。ご家族も、「通学が辛くなればいつ辞めても良い」とお子さんに伝えているそうですから、それがお子さんの気持ちを楽にし、「とりあえずやってみるか」という気持ちにつながったのではないでしょうか。この「とりあえず」とか「ダメもと」という発想がとても大事だと思いました!(^^)!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR