「登校拒否・不登校を考える夏の全国大会2013in関西」に参加しました

 7月27日28日に宝塚ホテルで開催された表記大会に参加してきました。今年で24回目とのことで、全国から不登校の家族会やフリースクール、支援関係者など400名(延べ人数はもっと多いと思いますが)が参加、熱気にあふれ、内容も濃すぎて、感想を簡単に述べることはできませんがちょっとだけ報告します。講演は「ミスターゆとり教育」の寺脇研さん。「いじめ・体罰・不登校」というテーマですが、さすが元文科省幹部、日本の教育の抱える矛盾や弱点を厳しく指摘、もうなずくことばかりでした。「教育権」から「学ぶ権利」への転換という主張はとても大事なことで、翌日の「多様に育ち多様に学ぶ」シンポジウムとあわせ、「多様な学び保障法」を実現することの必要性をあらためて確認できた大会でした。
 もちろん不登校やひきこもりで悩む子ども・若者、家族への支援は引き続き最重要課題ですが、代表の奥地圭子さんもご指摘のように、不登校をめぐる悩みが30年前と基本的に変わっていないのは、明らかに現在の教育システムの欠陥の故であり、「不登校をなくする」のではなく「不登校という概念をなくする」、そのような概念を必要としない教育制度に変えていくことなしに「不登校問題」は解決しないことを、「保障法」の議論を通じてさらに広く社会に訴えていくことが大きな課題であることを再認識しました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR