登校拒否と教育を考える函館アカシヤ会 7・8月例会より②

 それでも「学校で得るものの方が大きく、家だけでは社会人として自立するのが難しいのでは?」という不安もぬぎいきれません。もちろん学校で学ぶこともたくさんありますので、学校生活が苦痛でなく、自分にとって役に立つと思えれば、学校でどんどんいろんなことを学び吸収してほしいと思います。
 でも、その場がとても苦手な人もいます。高校卒業後に進学も就職もうまくいかず、数年間ひきこもった経験のある若者は『学校では人間関係が苦痛なだけで、コミュニケーションを学校生活で学んだという実感はない。ひきこもっているときに自分なりに本を読んだりしていろいろ勉強し、少しずつ動き出していろんな人と関わりを持つようになってからコミュニケーションを学んだと思う』とお話しています。
 「学校でしか学べない」と思い込む必要はないのです。  

*「わが子が不登校で教えてくれたこと」(文芸社)千円+税
 残部僅少。書店・アマゾン等で注文または著者より直送可(送料は当方負担)



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR