登校拒否と教育を考える函館アカシヤ会 7・8月例会より③

お孫さんが不登校になり始めて心配というお祖母さんも参加してくださいました。やはり昼夜逆転し、お母さんや お祖母さんに暴言を吐いたり、拒否的になることもあって、心を痛めています。
 お子さんが不登校だった皆さんからは、『親や周りが学校に行かそう、行かそうとしている間は、子どもにとっては辛い気持ちが理解されず、自分が否定されていると感じるので、親や周りを拒否したり攻撃しがちになってしまう。こちらの気持ちを早く切り替えられるかどうかが鍵。子どもにとって今ゆっくり休むことが必要なんだとこちらが理解し、無理して学校に行かなくても良いと口に出して伝えてから子どもとの関係が良くなった』という体験が、異口同音に語られました。
 なかなかそれが難しく時間がかかるのも現実で、親子関係は煮詰まりがちになりますので、お祖母さんやお祖父さんがクッションになり、お孫さんが甘えることができるようになると、とても良い影響が出ると思います。前号でも紹介しましたが、Fonteの「孫の不登校」はとてもためになる連載です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR