登校拒否と教育を考える函館アカシヤ会 7・8月例会より④

 「夏休み・冬休み明け」は不登校の子ども・家族にとって「鬼門」です。大概のお子さんは休み中は元気になります。すると親や先生は「これだけ元気になったのだから今度は登校できるはず」と考えがちですが、話は逆だと思います。
 体験者のお母さんが「学校が休みで、行かなくて良いから元気になるんです」とお話していましたが、全くそのとおりです。学校が何らかのストレス要因になっているので、一度すっかりストレスから遠ざかることが回復の近道ということはメンタルヘルスでは当然のことですが、なぜか不登校についてはこの常識がなかな理解されません。それだけ「学校は必ず行かなければならない」という呪縛が強いのだと思います。

*「わが子が不登校で教えてくれたこと」(文芸社)千円+税
   残部僅少。書店・アマゾン等で注文または著者より直送可(送料は当方負担)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR