北海道精神保健協会機関誌「心の健康」連載⑨

4 活動から見えてくる課題
(3)家族交流会でよく出される悩みについて(その3)

④ 「死にたい」と度々もらすので心配。どうしたらよいだろうか?
【ヒント】これも「説得」では「辛い気持ちを分かっていない」と受け取られるでしょうから、「死にたい」と思うほどに辛い気持ちをひたすら「聴く」ことに徹することだと思います。こちらの考えを求められたら「死んではいけない」ではなく「死んでほしくない。そうなったら私はとても悲しい」と、自分自身の偽りのない気持ちを伝えてはいかがでしょうか。

⑤ 家庭内暴力に対し、どのように対処したらよいだろうか?
【ヒント】力で禁止しようとすれば反撃せざるを得ず、これでは事態がエスカレートしますので、まずその場から逃げることです。子どもに対する「贖罪」の気持ちから暴力を甘んじて受けることには賛成できません。お子さんも「悪いことをしている」と思っているはずですので、暴力を甘受すると、お子さんもそれを正す機会を失うことになりかねません。
 このようなことがしばしば起きるようであれば、避難先を確保しておいたり、何日か旅行できるような荷物やお金を準備しておくことも必要です。避難した後はそのまま放っておくのではなく、電話やメール、メモなどで「暴力を振るわないと約束すれば戻る」「当座のお金や食料は〇〇にあるのでそれで暮らすように」ということを本人に知らせ、決して見捨てた訳ではないことを伝えることも大切だと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR