ひきこもり家族交流会例会より・2

 8月の「あさがお」例会は、札幌から見学に来られた方を含め家族・当事者が15名、サポーター5名の20名が参加、今回も親子参加、ご夫婦の参加が3組ありました。また、「あさがお」例会に先立ち開催された「樹陽のたより」には11名が参加し、近況報告やこれからの活動などについて話し合った後、思い思いのグループで語り合い、大いに盛り上がりました。 
 今回の圧巻は、中学卒業後2年間ひきこもっているお子さんの「東京一人旅」のお話でした。家族との会話がほとんどない状態ですので、本人の動機や行き先での行動予定がはっきりしていないのですが親御さんは切符を用意し、最低限必要な旅行の注意事項を伝えて送り出し、関係機関からの呼び出しに備えて親もいつでも出かけられるよう準備したそうです。本人は東京に着いてすぐに戻ってきたようなので目的を達したかどうか不明なのですが、ともかく一人で旅行できたことと、不安は大きかったでしょうがそれを認める親御さんの大英断に参加者一同、感心しきりでした。もちろんこれがすぐに次のステップにつながるとは限りませんが、本人の心の中で何かが動き出しているのではないでしょうか。そんなとき親がどう寄り添えばいいのか、とても大切なてがかりを教えていただいたように思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR