社会福祉士会道南支部が学習会【函館新聞2014年1月22日①】

 北海道社会福祉士会道南地区支部(湯浅弥代表)は17日、サン・リフレ函館で「さまざまなつらさを抱え、社会的に不利な立場におかれている子ども・若者の支援を考える」をテーマといた学習会を開いた。同支部会員や市民ら33人が参加し、不登校や若者の就労支援について学んだ。 
 現在、道南には約400人いるとされる不登校児や、悩みを抱えて自宅に引きこもり、社会に参加できない若者の自立支援について考えようと実施。「函館圏フリースクールすまいる」代表の庄治証さんと、「北海道国際交流センターはこだて若者サポートステーション」(さぽすてプログラムコーディネーターの染木加奈子さんが講演した。(続く)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR