社会福祉士会学習会記事【函館新聞2014年1月22日②】

【不登校 就労支援 若者の悩み学ぶ】
 庄治さんは、文部科学省の調査で、中学3年時に不登校になった生徒の9割がその後、就職、進学していることを説明し、「不登校によって子どもの将来が奪われることにはならない。本人やその親は不安にならず、学校に行かないことを冷静に受け止めてほしい」と話した。 
 染木さんは「自分が支援者になろうとするより、その人が抱えている問題について一緒に考える姿勢が大切」と呼びか掛けた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR