進学をめぐる悩みについて・続

 確かに不登校のために進学が制約されるという現実はあります。しかし、良いこともあります! 私ははもし、「子どもが不登校して何か良いことがありましたか」と聞かれたならば、「受験生の親をやらないですんだこと」とお答えしたいと思います(*^_^*)。
  親子が揉める一番の原因は「勉強をちゃんとやった、やらない」とか「成績が上がった、下がった」とか「そんなことで進学はどうする」といったことではないでしょうか。
 次女のときは不登校を受けとめることができましたので、テストや通信簿の成績に一喜一憂しないですみました。そもそもテストを受けないのですから答案用紙を見ることはありませんし、通信簿も1しかつかないことが分かってますから見る必要もありません。おかげで、ゆったりとした気持ちで過ごせたように思います。
 混まない平日に家族旅行できたことも良かったです(*^_^*)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR