「はこだて子ども白書」シンポジウムでの発言②

【ソーシャルワークの基本的な視点】その②
 一般的にソーシャルワークは「生活についていろいろ困っている人を助ける仕事」というようには理解されていると思いますし、それも重要な活動ですが、それだけですと、そういった困った問題を抱えていない人には関係のない分野の話になってしまいます。
 しかしこの定義によれば、人間が人間としてよりよく生きるための活動なわけですから、福祉分野にとどまらず、より広く、子育てや教育現場などでも役に立つ活動です。
 また、「ソーシャルワークは、人間の行動の社会システムに関する理論を利用して、人びとがその環境と相互に影響しあう接点に介入する」とありますように、今起きている問題を個人の病理、個人の抱える問題とだけ捉えるのではなく、その人とその人を取り巻く環境との相互作用の中で起きている問題であると考えますので、環境の改善も含めて問題の解決を目指すわけですが、このような考え方も、ソーシャルワークに限らず、おとなが子どもたちと関わる際にもとても重要なことだ思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR