「はこだて子ども白書」シンポジウム報告⑪

【不登校への基本的対処】その2
 子ども一人ひとり成長のプロセスもスピードも違いますから、学校の決めた枠組みに合うか合わないかで子どもを評価しないで、不登校も「その子の成長にとって必要なプロセスかもしれない」と受けとめ、その子に対する自分たちの関わり方や、学校や家庭の環境はどうだったのかを見つめ直す良い機会であると、前向きに考えていただきたいのです。
 学校復帰が「学校のための方針」になっていては本末転倒で、支援の目的は子どもが元気になることですから、元気になって学校に戻る子もいれば、学校以外に自分の道をみつけて進む子どももいますので、学校復帰は「目的」ではなく「結果」のひとつと考えていただきたいのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR