学齢期以降の「ひきこもり」の悩み(家族交流会例会報告③)

【「あさがお」1月・2月例会より】その3
 このように仕事に一度就いてから辞めてひきこもるようになると、それまでちゃんとやっていたように見えたお子さんの姿と今の姿の落差にとまどい、不安にかられる親の気持ちはもっともだと思います。
 一方、お子さんが学齢期を過ぎてから一度も仕事に就いたことのない場合も、それが長引けば長引くほど仕事に就くのはもちろん社会に出ていくことが難しくなるのではないかと不安になり、子どもとどのように接したらよいか悩む親御さんもたくさんおられます。
 そのような状態が10年ほど続き、知人から紹介された簡単なアルバイトなどできそうな仕事を勧めてみますが乗ってこないし、雪かきなどはやってくれるので、「ありがとう」と言うのですが返事がなく、何を考えている分からないので、子どもとどのように接したらよいか意見を聞きたいということで参加された親御さんもいます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR