「亀の法則」について(ひきこもり家族交流会報告④)

【「あさがお」1・2月例会より】その4
 「あさがお」顧問の三上昭廣先生は精神科臨床の豊富な体験をもとに「亀の法則」についてお話されました。
 亀が頭を出そうとしたときに、もっと亀に様子を見たいと頭をつついたら甲羅の中に頭を隠してしまうが、人間の心理も同じではないか。「ひきこもり」のような状態になるには、そうなるだけの辛く苦しい体験があるはず。それが仕事での体験であれば、仕事の話題は傷口に塩を塗るようなもので、亀が頭を引っ込めて自分を守るように、相手に対して心を閉ざしてしまう。
 だから、まずは本人にとって家が「あずましい」場所だと心から思えるようになることがスタートで、居間でゴロゴロするようになったら、子どもにとって家が安心できる場所になってきた喜び、家のことを少しでもやってくれたら「仕事をしてないんだからそのくらいは当然」と思わずに心から感謝し、お礼を言い続けてほしい、というアドバイスをいただきました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR