「カナリアたちの警鐘」内容紹介①

 ここからは、拙書目次にそって、取り上げている内容をごく簡単に紹介します。
 第1章「わが家の不登校体験」は体験談ですので、前著「わが子が不登校で教えてくれたこと」と、内容は基本的に変わりません。ただ、今回の原稿は次女が徹底低的に校正し、字句・表現を修正しましたので、随分と読みやすくなったと思います。彼女曰く、「役所の公文書は中学生が読んでも分かる内容・表現にしなければならないので、そのつもりで検討した」とのことです(^_^;) 私も役人を35年やっていたのですが、なかなかそのようにはならなかったようです(+_+)
 この章は「長女の体験から~追いつめる」「次女の体験から~受け止める」の2項目です。本書で訴えたかったことを突き詰めると、「長女に対してやったようなことは決してしないでください」ということになるでしょう。表紙のイラストは長女が描いてくれました。カナリア君に長女の気持ちが重なります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR