不登校・先生にお願いしたいこと(「カナリアたちの警鐘」紹介③)

「親のQ&A」に続いては「2 先生にお願いしたいこと」を10項目に整理しました。おそらく多くの先生方が思い悩む事項だと覆いますが、突き詰めると「学校に戻すことが不登校に解決」という思い込みを止めてほしいのです。
 小学校ではなんとか自分たちの段階で「不登校を治して」中学校に行かせたい考えるでしょうし、中学校では「なんとかして高校進学させたい」、高校では「なんとか卒業させて進学や就職を」と考えて頑張るでしょうが、その「善意」の行きつく先まで学校では把握できないでしょうし、責任を問われても困るのではないでしょうか。
 親御さんにお願いです。学校との付き合いは「事件限定」ですが、親子は死ぬまで親子です。学校が最後まで面倒をみてくれるわけではありません。
(1)「誰のため、何のために」の支援なのか検証を
(2)学校のスケジュールで振り回さないで
(3)家庭訪問は慎重に
(4)「家庭訪問で復学できた」という報告も聞きますが
(5)「友だちのお迎え」は危険です 
(6)「怠学」「遊び型」などの『分類』は有害無益です
(7)「非行につながるのでは」という心配について 
(8)「~しか行けない」ではなく「~に行く」という進路指導を
(9)辛い状態にある子どもには「指導」より「寄り添う」ことを
(10)「親の会」などとも積極的なつながりを
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR