いじめにどう対処したらよいか(「カナリアたちの警鐘」紹介⑥)

 第4章は「いじめ・体罰にどう対処したらよいか」で、いじめについては次の事項を記載しています。 
1 わが家のいじめ体験
(1)長女の体験から   (2)次女の体験から
2 いじめへの対処の鉄則
3 いじめ自殺裁判の教訓
(1)小川中学校事件   (2)知覧町いじめ自殺事件
4 長女夫妻への取材記事より

 わが家の体験と多くのいじめをめぐる悲惨な事件の教訓を一言で述べるならば、「危ないところへへ行かない」→
「不登校も大切な選択肢」ということです。
 今回は「いじめ自殺裁判」を少し詳しく取り上げました。損害賠償の判決で、原告(被害者側)が不登校をせずに通学したこと、保護者がいやがる子どもを学校に行かせたことが原告の「過失」とされ、過失相殺が適用されているのです。
このような重大な判決が、「いじめ対策」の中であまり取り上げられないのは、「不都合な真実」を隠したいからなのでしょうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR