サポステ存続の危機!(「カナリアたちの警鐘」紹介⑭)

 第6章の「4 ひきこもり支援のこれからを考える」は、以下の4点について述べています。
 「(1)「支援」に名を借りた人権侵害を防ぐために」は戸塚ヨットスクール長田塾や愛メンタルスクールのような犯罪が繰り返される背景や家族を守るための対処について述べ、その意味からも「(2)重要さを増す精神保健福祉分野からの支援」適切に行われる必要であることに言及してます。
 (3)「地域若者サポートステーション」の大き」な役割、「(4)難しい課題に直面する「サポステ」については、はこだて若者サポートステーションの相談員としての活動を通して学んだことを紹介しました。
 昨年秋に初稿を提出した後に、国の26年度予算編成に向けたレビューで、サポステが「事業効果なし」として廃止対象にされたために、この問題については校正段階で少し加筆できただけなので、十分に論じきれてはいませんが、表面的な国の事業評価には怒りを覚えます。サポステ存続のために、是非多くの皆さんのご支援をお願いいたします。

*「カナリアたちの警鐘~不登校・ひきこもり・いじめ・体罰ヘはどにように対処したらよいか」
 (文芸社セレクション・文庫版、700円+税)を発刊しました。
  お近くの書店やネット書店、クロネコブックサービス(0120‐29‐9626)へお申込みください。
  在庫切れの場合は著者からもお送りできます(送料は当方負担)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR