お父さんのイイトコサガシを(^_^;)

(「あさがお」5月例会より③)
 今回、あるお母さんは「父親の考えを変えるように言っても無理なので、「『今は私が子どもとのことに対処するので、口出ししないでほしい』とハッキリ伝え、せめて邪魔しないようお願いした」とお話していました
 。「母は強し」と言えど、エネルギーにも限りがありますので、父親とのやり取りで疲弊してしまっては元も子もありませんので、確かにこれも一理あります。
 また、子どもに厳しい方は、自分もあまり誉められたり尊重された経験が少ない場合が多いので、「お父さんの何か少しでも良いところを見つけ、言葉に出して誉めたり感謝してどうか」という話も出されました。
 参加した多くのお母さんは「ウーン」と言って妙案は浮かばないようでしたが(^_^;)、「誉め殺し」ではなく、心からそう思えるところを見つけると、お母さんの気持ちも軽くなるのではないでしょうか。
 「子育て」と「夫育て」は共通項も多いようです(^_^;)

*「カナリアたちの警鐘~不登校・ひきこもり・いじめ・体罰ヘはどにように対処したらよいか」
 (文芸社セレクション・文庫版、700円+税)を発刊しました。
  ご注文は、お近くの書店かネット書店・クロネコブックサービス(0120-29-9625)
  にお申し込みください。著者からお送りするここともできます(送料は当方負担)。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR