10月のひきこもり家族交流会より・その2

 バンドを結成してライブ活動を始めた方は、それまで人間関係がうまく行かず辛く苦しい日々を過ごしてきました。きっと今でも様々な悩みはあるのでしょうが、「自分の役割がある」と実感できることで自信回復につながり、自分を好きになることができるようになってきました。
 子どもが動き出すと、親は欲張りなので「それができるようになったのだから、次はこれを…」とついつい言いがちですが、ご両親は「ここで口出ししないよう心がけている」「以前なら『バンドでメシは食えない』と言ったかもしれないが、今はそんなことは言うべきではない」とお話されておりとても感動しました。親御さんがそのように考えることで、お子さんにとって家が安心できる居場所になってきて、そのことも元気回復の大きな要因になっているのではないでしょうか。

 また、「親を愛する気持ちが湧かないのは、自分はアスペルガー障害だからだろうか」という悩みも語られました。親との関係が悪いというのはとても辛いことですし、罪悪感を感じることもあるでしょうが、そのような感情はそれまでの親子関係の経緯を大きく影響しているはずです。ある一時期、親としっかり距離を置くことがお互いの関係にとってプラスになる場合もあります。
 障害の影響があるかどうか分かりませんが、ある参加者が「今の自分の気持ちや状態は、いろんな関係や条件の中で生まれてくるのだから、○○障害という枠から自分を見ない方が良いのはないか」とお話していましたが、なるほどそのとおりだと思います。
 正しい診断に基づく障害特性の理解は大切ですが、全ての障害は「関係性」の中で生まれるものですし、特に発達障害はその面が強いと思います。前にも書きましたが、黒柳徹子さんの「窓ぎわのトットちゃん」(講談社青い鳥文庫)を読んで、特にその思いを新たにしました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR