ひきこもり当時者会「樹陽のたより」例会より①

 ひきこもりを体験した当事者の集いである「樹陽のたより」も毎月第2j日曜日に例会を開催していますが、こちらは11時~13時です。9月例会は初参加や札幌からのゲストも含め8名、10月例会は7名が参加し、近況や悩みを語り合いましたが、とても大事な話題も出されていますので、そのひとつをご紹介します。
 ボランティア活動が、ひきこもりから動き出すきっかけのひとつになることがあります。最近よく参加されるメンバーの中にも「函館圏フリースクール すまいる」が運営しているフリースペースに週1~2回ボランティアで参加されている方がいます。
 ここにはいつも、不登校中の何名かの子どもたちが通ってきます。フリースペースなので何かプログラムがあるわけではなく、ゲームをしたりコミックを読んだりして、各人のペースで過ごしています。
 ご本人もかつて不登校を経験し、その子どもたちの辛い気持ちが分かるので力になってあげたいと思うのですが、会話が苦手なこともあって、子どもたちに自分から何か働きかけることができないもどかしさを感じていて、「自分はボランティアとして役に立っているだろうか」と悩んでいます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR