10月講演会の報告と11月の予定

 10月は3回、あちこちでお話しする機会を与えていただきました。主催者と参加いただいた皆さんに心から感謝申し上げます。 
 13日は北海道八雲町と檜山・渡島圏域障がい者総相談支援センターめいが主催した「ひきこもり・不登校の理解と支援」で、事前申し込み25名に対し当日44名が参加するという盛況で、質疑応答も予定の40分では足りず、皆さんの関心の高さを実感しました。
 17日は渡島母子寡婦福祉大会で講演させていただきました。母子家庭というハンディを乗り越えて子育てをされてきた皆さんに「子育て・孫育てのヒント」などというテーマでお話しするのは、いささか面映ゆかったのですが、熱心に聞いてくださりとても嬉しかったです。特に「終着駅は始発駅」に共感していただき、人生の年輪を刻んだ皆さんと気持ちを通じ合うることができ、私自身が元気をいただいた講演会でした。
 31日は八戸での市民フォーラム「お父さんがする不登校のお話し」で、台風余波の悪天にもかかわらず、約50名の方が参加してくださいました。13時スタートでしたが、現在進行形で悩んでいる方もたくさんおいでだったようでとても熱心に話を聞いてくだって質疑応答もたくさんあり、終了後の相談会も18時までかかりました。対談した澤上博規さんのお話しは迫力いっぱいでとても説得力があり、小学5年生で不登校になり、学校に行かないで成長した息子さんを受けとめ「伴走者」としてお子さんと関わってこらた体験は感動的でした。今、20歳になった息子さんは、郵便局に勤めながらトライアルバイク国際A級ライセンスを持って各地のレースやイベントで活躍しており、フォーラムの最後にその映像も紹介され、参加者一同とても勇気をもらいました。事前打ち合わせなしのぶっつけ本番でしたが、「いろいろなはぐくみの会」代表の井ノ上洋一さんの巧みなコーディネートで、無事役目を果たすことができました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR