まめさん、コメントありがとうござます

 こまめさん、ご丁寧なコメントありがとうございます。「とにかく学校に行くのが前提」と考える親御さんが多い(と言うより、それが普通だと思います)というのが現実でしょうが、その方々を説得して気持ちを変えていただくことまた至難の技だと思います。
 私自身がそうであったように、自分の価値観や常識を覆すというのはとても大変なことで、他人の説得ではなかなか難しいと思います。私は娘のあまりに辛そうな状態を前にして「本当にこのままでいいんだろうか」と疑問や不安が自分自身の中に湧き上がってきてから、「高校に行かなくても子どもが生きていけないわけじゃない」という意見にやっと耳を傾ける気持ちにちになりました。
 親の気持ちが少し変化のときに、周囲に、学校に行かなくてもお子さんが成長した実例や、不登校の子どもが進学したり学んだり、いろんな体験をできる場があるという情報を知ることができれば、親御さんの不安もさらに和らぎ、お子さんの不登校を受け入れる気持ちが強くなっていくと思います。
 親御さんに対して私たちがまずできるのは、そういった情報提供であり、もし近くに「親の会」のようなものがあれば紹介し、同じような悩みや経験をしている方々の話を聞いてみることを勧めることが有効ではないかと考えています。 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

そうですね。

やはり当人が本当に苦しい状況になってからでないと気がつかれないのかもしれません。

変化の時を逃さないでいきたいと思います。

焦りは禁物ですね。
プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR