「あさがお」例会より②:「いじめ」への対処体験談

 2014年11月例会には、たいへんお忙しいなか、お二人の函館市議会議員も参加してくださいました。ひきこもりについては「制度の谷間」ということもあり、なかなか行政の支援も進まない現実がありますので、政治に携わる方々に参加いただくのは、とても心強いことです。
 ひきこもり当事者の中で、不登校を体験した、あるいは不登校気味だった方の多くは、その原因・きっかけに「いじめ」があったことが、例会のなかで繰り返し話され、今回もそうでした。
 また、社会に出てから職場でのいじめやパワハラで退職に追い込まれ、その精神的・心理的ダメージが大きくてひきこもり状態にある方々の例もたくさん出されます。これは、例会だけでなく、野村が相談員を務める「はこだて若者サポートステーション」の相談場面でも、よくうかがうお話です。
 この話題を受けて、市会議員のお一人が「私の子どもも、小学生のときにいじめを受けて学校に行けなくなった。いろいろあったが、私は『そんな学校には行く必要がない』と子どもにはっきり言い学校にも『こんな危ないところに子どもを通わせることはできない』と伝えた。しばらくして子どもは元気になって学校に戻り、その後は大きな問題もなく学校生活を過ごし社会人になっているが、安心して学校を休ませたことが良かったと思う」という貴重な体験をお話してくださいました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR