「あさがお」例会③:「いじめ」への対処の基本は安全確保

 学校での「いじめ」にどう対処したらよいか、ここに答の核心があるように思います。危険回避と子どもの安全・安心の確保が最優先です。
 「学校を休むと大変」と考えて無理に登校させたりすると取り返しのつかないダメージを与え、トラウマになる場合もあります。すると、大人になって同じような体験に遭遇するとフラッシュバックを引き起こし、動けなくなってひきこもり状態に追い込まれることが実に多いのです。
 学校はもちろんですが、社会全体でもっと「いじめ」の持つ危険性、犯罪性についてしっかり理解する必要があることを、あらためて再認識した次第です。
 このように、目の前のことよりもっと長期の視点で子どもの成長を考えたいと思います。例会で、臨床心理士の大杉さんから、教育関係の新聞に載っていた「人はどんなに回り道をしても、あとから振り返るとまっすぐな、それは一本道」という一文が紹介されましたが、全くそのとおりと思いました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR