アカシヤ会例会より④:学校からの強い働きかけに疲れ切る…

 今回参加した親御さんの小学校はどちらも理解があるようですが、中学生のお子さんをお持ちの4人の親御さんは、学校からからの再三の働きかけに、とても疲れ切った体験を話されました。
 ある方は、学校からどうしても本人に直接会いたいという連絡がありましたが、お子さんは学校を休むことでやっと気持ちの安定を取り戻したので、お断りしました。お子さんはある診療所にも通っているので、そちらのお医者さんに状況を聞いてほしいとお願いしても、学校は引き下がらず、どうしても直接会いたいと言ってきたそうです。
 最近、学校など子どもと関わる機関が児童虐待を見逃した場合に厳しく批判されることや、行方不明児童の問題が深刻化し、関係機関が取り組みを強化していることなどが、このような学校の対応の背景にあると思われます。
 しかし、何らかの第三者の情報でも子どもの安全が確認されれば良いはずです。そこで親御さんは学校に対して、「必ずが直接確認しなければならないという通知文が文部科学省や教育委員会などから来ているなら、その文書を見せてほしい」とお願いしたところ、そのことは言ってこなくなったそうです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR