いわき市の講演会⑫:高校進学へのこだわりを捨てて

「いじめ」問題については後ほど触れるますので話を戻しますが、事ここに及んで妻が「これは変だ。自分たちのやり方が間違っていたのではないか」と気がつき、不登校についていろいろ勉強をして、無理に学校に戻そうとしたことで長女をおかしくしてしまったことを知って方針を変えます。
 ところが、私はなかなか気持ちの切り替えができませんでした。これは、一般的によくあるパターンで、父親は「そんなことで世の中は通用しない」「もっと強くならなければダメだ」といった意識からなかなか抜けられないのですが、妻からずいぶん説教され、長女のいよいよ辛そうな状態を目の前にして、いろいろ考えてみましたら、長女を必死になって学校に行かそうとしたのは、「長女のため」と思っていたものが、実は「高校に行けないと困る」という親の気持ちであることに気がついていったわけです。
 そこから「でも、まてよ?本当に高校に行かなければ、この子の人生は無いのだろうか?」という気持ちに、だんだん変わっていって、このときの解放感は、今でもはっきり覚えています。本当に気持ちがすっと楽になっていきました。
 自分の気持ちが楽になると、自然に子どもとやさしく接することができるようになるもので、そこから長女とのコミュニケーションも回復し、長女はだんだん元気になっていき、北海道立の通信制高校「有朋高校」に進み、そのうち、アルバイト先で知り合った青年とさっさと結婚してしまい、今は札幌で暮らしています。一番上が今年大学に入学した女の子と、中3と小6の男の子の3人の子育てで肝っ玉母さんをやっております。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR