いわき市の講演会⑬:今度は次女が不登校に…

 長女が成人を迎え社会人として何とかとやっていけそうなメドがついてやれやれと思っていたころ、今年30歳になりました次女が、小学4年生の1学期が始まって間もなく不登校になります。
 それまでは友だちもいて先生にも可愛がられて元気に暮らしていてましたので、原因はさっぱり思いあたりませんでしたが、ともかく学校に行くのが辛くなったのは間違いないわけで、朝になると姉のときと同じように「あそこが痛い、ここが痛い」と言うので、休ませるとやはり昼頃までには症状が消えて家では普通に生活することができます。
 しかし、長女のときと決定的に違ったのが親の対応で、長女に対し間違ったことをしたという反省や、不登校についていろいろ学習していたこともあり、次女に対しては、無理に学校に行かせようとはしませんでした。
 このことは学校にもきちんとお話して、「今、この子は安心して休息することが必要なので、先生や友だちのお迎えなどは控えてほしい。子どもの様子は、私どもの方からきちんと報告しますので」とお願いをし、学校も理解してくれて一切登校するようにという働き掛けはしませんでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野村俊幸

Author:野村俊幸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR